専修学校麻生ビューティーカレッジの口コミと評判

Pocket

専修学校麻生ビューティーカレッジは2002年(平成14年)に開校された、歴史的には新しい美容専門学校です。しかし、カレッジは九州トップクラスとなる麻生専門学校グループの1スクールとして開校されており、既に十分な実績と設備を誇るなど、その存在感を示しています。

麻生専門学校グループは、昭和を代表する宰相、吉田茂を義父に持つ麻生太賀吉氏によって1939年(昭和14年)に創立されており、現在、他に11の教育機関を設けています。因みに、現財務大臣麻生太郎氏は、麻生太賀吉氏の長男にあたります。

設けられているコースについて

専修学校麻生ビューティーカレッジでは、美容科、ビューティースペシャリスト科、美容科通信教育課程の3つ学科を設けており、まず、美容科では1年次にベーシックカリキュラム、2年次ではヘアーデザイナー、ヘアメイクアップアーティスト、ブライダルスタイリスト、ヘアカラーリストの各コースで、より専門的な学習を行います。

ビューティースペシャリスト科にはメイクアップ、ネイリスト、エステティッシャンの3つのコースがあり、それぞれの分野で美容アーティストとしての学習をします。通信教育過程は、働きながら学びたい人に応えるために設けられています。

ここでは、レポート提出による添削指導と通学で美容師国家試験の合格を目指すことができ、国家試験合格率においても2年連続100%を誇るなど高い実績があります。

それぞれの学科の内容としては、美容科が昼間過程、修学年数2年で定員は男女含めて200名、ビューティースペシャリスト科が昼間過程、修学年数2年で定員は女性のみ40名となっており、通信過程教育過程に関しては、就学年数3年、定員が男女含めて80名となります。

取得資格と学費について

専修学校麻生ビューティーカレッジでは様々な資格取得を目指すことができます。資格数は非常に数が多く、美容科においては、美容師国家試験受験資格を始めとして、ヘア関連で4資格、メイク関連で1資格、ネイル関連で3資格、エステ関連で1資格、アイ関連で2資格、その他でビューティーコーディネーター検定など3資格があります。

ビューティースペシャリスト科では、メイク関連が3資格、ネイル関連で3資格、エステ関連で1資格、その他でパーソナルカラリスト3級を含めて6資格があります。

学費に関しては、美容科・ビューティースペシャリスト科共通として入学金50,000円、1年次・2年次納付金として各1,050,000円で、合計2,150,000円が必要になり、実習費に関しては、美容科では220,000円、ビューティースペシャリスト科では210,000円となります。

他に、専門コースごとに教科書・教材費・検定費・制服・制靴などの費用が別途設けられており、例えば、美容科・ヘアデザイナーコースの場合では607,000円が2年間で必要になります。

専修学校麻生ビューティーカレッジの就職サポートの強みについて

専修学校麻生ビューティーカレッジは、就職に関しても強みがあり、学生は安心して就職活動をすることができます。まず、1つに美容業界に特化した就職ノウハウがあります。ここでは、10年以上にわたって就職サポートを行ってきた就職専任スタッフからの支援を受けることができます。

2つ目としては、マンツーマンによる徹底した個別指導があり、個別面談や模擬面接を行うことが高い就業実績につながっています。3つ目としては、過去データを活用した内定の徹底支援があります。カレッジでは、過去の過去の卒業生達の就職試験受験レポートを設置しており、ここでのデータを分析することで学生の希望がかなえられるよう支援が行われます。

他にも、年間100社来校による学内企業説明の実施や、就職専任スタッフによる日常的な美容室や企業の訪問による情報収集、入学年目からの国内研修旅行や実務実習等があり、より幅の広い情報収集のために、卒業生同士による校友会での人脈構築も行われています。

専修学校麻生ビューティーカレッジについてのまとめ

専修学校麻生ビューティーカレッジの住所は、福岡県福岡市中央区大名2丁目9番23号になります。立地は地下鉄赤坂駅5番出口より徒歩2分を始めとしてアクセスがよく、通学にはとても便利な場所にあります。

カレッジでは、学生が美容のプロを目指すことを最大限の目標に掲げており、授業も含めて、教職員全員でサポートをする体制が設けられています。また、教育施設の他にも学生寮の完備や特待生制度があるなど、学生がより入学がしやすい内容が整えられています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする