大阪ビューティーアート専門学校の口コミと評判

Pocket

大阪ビューティーアート専門学校は大阪府淀川区にある美容専門学校です。札幌、仙台、千葉、大宮、東京、横浜、名古屋、広島、福岡に姉妹校を有し、ネイリストだけでなく、美容師やメイクアップアーティスト、ヘアスタイリストなどの養成カリキュラムを全国展開しています。

大規模校ならではの充実した施設が魅力で、実際の店舗さながらの実習室(カット・シャンプー実習室、エステティック実習室、ネイルフットルーム)や撮影スタジオを備えます。地方出身者のための学生寮やアパート紹介など、一人暮らしのサポートも行っています。

どんなコースがあるの?

大阪ビューティーアート専門学校には大きく分けて美容科(2年制男女)とトータルビューティー科(2年制女子)の二つの学科があり、それぞれが複数の専門コースに分かれます。

そのうちネイルについて学べるのは、美容科ネイル&アイラッシュコース、美容科ヘアメイク・ネイル&エステコース、そしてトータルビューティー科ネイルアートコースの3つです。

トータルビューティー科が美容技術を広く総合的に学ぶのに対し、美容科は第一に美容師国家資格を目指すことが特徴です。毎日のカリキュラムではシャンプーやカットなど美容師としての基礎訓練と併行して、ネイルやメイクの技術を学びます。

国家資格の取得は就職に有利になることはもちろん、サロン開設を目標としている人には、美容院とネイルサロンの併設など将来の可能性が大きく広がります。

なお、トータルビューティー科でも、美容科通信課程(1年制)を併修することで美容師国家資格を取得できる道があります。普段はネイルの勉強をしながら、レポート提出とスクーリングで国家資格を目指すプログラムとなっています。

資格取得や就職のサポートは?

在学中に取得できるネイル関係の資格としては、JNECネイリスト技能検定試験1~3級、JNAジェルネイル技能検定試験初級、JNAネイルサロン衛生管理士があります。

さらに、コースによっては認定フェイシャルエステティシャン、認定ボディエステティシャン、パーソナルカラーコーディネート検定ベーシックなど、隣接分野の資格取得も可能となっています。

就職へのサポートも手厚く、有名企業へ多数の内定者を出しています。普段のカリキュラムでも美容院やネイルサロン、ブライダルサロン、化粧品メーカー、百貨店など実際の店舗で実習を行っているほか、校内企業説明会では人事担当者が来校するなど、企業との連携が強いことが大阪ビューティーアート専門学校の特徴です。

中には現場実習で活躍し、そのまま採用につながるケースもあるようです。在学中はクラス担任制を採用し、個人面談や模擬面接などマンツーマンの指導が受けられます。もちろん在校生だけでなく、卒業生も就職サポートや斡旋の対象です。

受験資格は?学費はどれくらい?

受験資格は高卒程度(高校卒業または同等の学力を有する者)で、実際に在校生の多くが高卒ですが、社会人入学も可能です。学生全体の一割程度が社会人や大学、短大出身者となっているそうです。

なお、トータルビューティー科は女子のみの募集ですので、男性は受験できません。(美容科は男女ともに受験できます。)推薦や特待生ではない一般入試の場合、選考方法は面接審査で、学科試験はありません。

学科にもよりますが学費は年間100万円程度、さらに40万円程度の実費(教科書代や材料費など)が必要です。各種奨学金の他、学費の一部が免除される特待生制度もあります。

大阪ビューティーアート専門学校では学費に関する相談にも積極的に応じており、公式サイトには「学費専用お問い合わせフォーム」も用意されています。社会人の方は国の教育訓練給付制度もありますが、美容科のみが対象で、トータルビューティー科では申請できませんので注意してください。

大阪ビューティーアート専門学校についてのまとめ

実際の入学にあたっては、学校の雰囲気を知ることも大事です。大阪ビューティーアート専門学校はオープンキャンパスの参加のしやすさも特徴で、各コースの体験メニューが用意され、保護者や友人の同伴も歓迎しています。

希望する体験メニューが特にない場合は事前予約せずに当日参加も可能です。四国・近畿エリアからはランチ付きの無料バスが運行されたり、交通費の助成があるなど、遠方からの参加者にも配慮されています。学校見学も随時受け付けていますので、問い合わせてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする