東京文化美容専門学校の口コミと評判

Pocket

東京文化美容専門学校は、1934年(昭和9年)に前身となる編物研究所設立以来、長い歴史を誇る美容専門学校です。

方針として、美を創る、人を創る、未来を創るの、3つの「創る」を掲げており、資格取得や専門知識の習得だけでなく、美容業界を担う人材育成に力を入れています。また、昼間部、夜間部、通信課程ともに、東京都認可厚生労働大臣美容師養成施設指定校であるため、安心して入学をすることができる学校となります。

設けられているコースと資格について

東京文化美容専門学校には、昼間部、夜間部、通信課程の3つがあり、中心となる昼間部には、ヘアスタイル、トータルビューティ、ヘアメイク、ブライダルビューティの4つのコースが設けられています。

4つのコースには共通の内容として、国家試験対策も含まれる美容実習と、関係法規・制度衛生管理などの学習をする美容学科の2つがあり、学生は他に、自分が希望するコースを選択して勉強をします。

コースはどれを選んでも美容師国家資格を目指すことができるカリキュラムが組まれており、2年間の修学を経て、国家試験(実技・筆記)を受けることができるようになっています。

東京文化美容専門学校で取得することができる資格は、美容師国家資格の他にも、メイクアップ検定3級・4級、色彩検定3級・2級、JNECネイリスト技能検定試験3級・2級、着付け、認定フェイシャルエステティシャン、アシスタントブライダルコーディネーターがあります。

東京文化美容専門学校に必要な学費について

東京文化美容専門学校の学費は、まず、昼間部、夜間部ともに入学金が130,000円になります。それぞれの1年次、2年次の費用は同額に設けられており、1年次を例とすれば入学金も含め、昼間部では、授業料420,000円、実習費200,000円、施設維持費190,000円で940,000円になります。

2年次では入学金分少ない810,000円となり、合計1,750,000円が必要になります。また、夜間部では1年次650,000円、2年次520,000円で合計1,170,000円となります。

学費は年次内で前期と後期に分納することができ、例えば、1年次であれば、前期納入金630,000円、後期納入金が310,000円となってます。尚、学費に関しては、その他として、年次ごとに別途教材費と諸費が必要になります。

東京文化美容専門学校では、費用面においては学費免除制度を設けており、ここでは、昼間部では特待生制度として最大140,000円、夜間部では特別減免制度として最大150,000円の学費免除を受けることができるようになっています。

就職に向けてのサポート体制について

東京文化美容専門学校では、学生の就職に向けて就職ガイドを設けサポートを行っています。ここでは、就職までの流れとして、学校からの就職先紹介、学生自らによるサロン見学、サロン訪問、入社試験、採用通知連絡として捉えており、「21のキャリア教育」就職担当教員やクラス担任からの様々なサポートを受けることができます。

まず、就職活動としては1年次から行われ、2年次より活動を速やかに行えるように2年間を通じての活動計画が立てられ実行に移されていきます。キャリア教育としては2年間で20回以上、学内外を問わず就職セミナーが実施されており、アンケートや面談を中心として、活動スケジュールの立案や個別面談で決定までサポートが行われるようになっています。

具体的な内容としては、1年次においてはサロンリサーチや、スタイルブックの作成、校外研修、提出書類の添削などがあり、2年次には、サロンのレクチャー、エリア別対策、OB対話会などが開催され、一人ひとりにあったサポートが実施されます。

東京文化美容専門学校についてのまとめ

東京文化美容専門学校は、東京都江戸川区南小岩6-31-25にあり、京浜小岩駅から約10分と非常にアクセスに良い場所に位置しています。学生は全国から集まっており、理由の1つには施設の充実を上げることができます。

行内にはシャンプー室やエステ室、就職指導室、サロン室、食堂などが完備されており、中でも1階は、ビューティーサロンとして実際に営業をしています。また、学生寮も完備されているために、地方からでも安心して入学をすることができる美容専門学校となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする