山野美容専門学校の口コミと評判

Pocket

山野美容専門学校は、日本でトップクラスの美容学校の1つであり、これまで多くの著名人を美容界に輩出しています。沿革は1934年に故山野愛子氏によって美容師講習所が開設されたのが始まりとなり、以来、美容学校として80年以上の歴史を誇ります。

美容学校としても大きな規模を持ち、例年、入学定員として昼間の専門課程で800名、夜間の高等課程で540名が設けられています。山野美容専門学校は一般の人にも広く知られており、特に山野ホールは、これまで様々なTV番組の収録に利用されています。

山野美容専門学校で学べるコースについて

山野美容専門学校では、昼間の専門課程、夜間の高等課程、通信課程の3つのコースを設けています。

専門課程では、1年次1学期に6つの必須授業が行われる基礎プロコース1、1年次2学期から3学期に1つの必須授業と選択授業が行われる基礎プロコース2、2年次1学期から選択授業が行われるテクニカルプロコースの3つのステップがあり、国家試験対策授業は2年間を通して行われます。

高等課程は、国家試験合格から就職、その後の活躍を目指したコースとして設けられています。ここでは、ベーステクニックからサロンテクニックを習得することができるようになっており、特にサロンテクニックに関しては、現場のテクニックを徹底的に一流サロンから学べるカリキュラムが設けられています。

授業は、1年次1学期~2年次1学期までが実技と学科、2年次2学期~2年次3学期までが実技、学科ともに集中授業となります。通信課程には、春季・夏季コース、夜間コースが設けられており、ライフスタイルに合わせてコースを選ぶことができるようになっています。

必要となる学費について

学費に関しては、まず、専門課程の場合、入学金が120,000円となります。内訳としては、1年次の場合には授業料432,000円、特別教育費298,400円、実習費178,800円、教育充実費195,000円、施設維持費132,000円、教材費402,300円~426,800円、学生生徒諸費55,200円で1,813,700円~1,838,200円が必要となります。

2年次においては、若干内訳に違いがあり、1,042,900円~1,137,700円となります。高等課程では、入学金が50,000円となります。内訳としては、授業料、実習費、教育充実費、施設維持費、教材費、学生生徒諸費、美容師国家試験受験料があり、1年次では総額1,402,200円、2年次においては933,800円の費用が必要になります。

通信課程に関してはより安い料金となっており、入学金50,000円、学費に関しては88,000円を6カ月ごとに全5回支払うようになっています。

就職のサポート体制について

山野美容専門学校は、就職率100%と高い実績を誇る専門学校です。求人先もメイク部門、ネイル部門、ブライダル部門など数多くあり、その数は1,200社以上12,000人以上となっています。

山野美容専門学校では、就職に関してキャリアサポートセンターを設けており、ここでは、キャリア担当と先生からの手厚いサポートを受けることができます。キャリアサポートセンターでは入学と同時に就職活動のサポートを行う体制を設けており、1年次では、学校生活のガイダンス、美容の職業を理解するガイダンス、キャリア授業、内定者ガイダンスを設けています。

2年次においては、サロン説明会、合同サロン説明会、担任によるヒアリング2回、未決定者相談を設けており、卒業後や中途採用などの就職後においてもサポートを行ってます。

山野美容専門学校には3つの姉妹校があり、その中の1つに山野美容芸術短期大学があります。サポートセンターでは大学への編入などの指導も行っており、学生は、就職だけでなく様々な相談をすることができるようになっています。

山野美容専門学校についてのまとめ

山野美容専門学校は、東京都渋谷区代々木1-53-1にあります。建物は地上27階建てで渋谷代々木のシンボルともなっており、学校は1階~9階となります。

設備面は、カットや、サイドシャンプー、バックシャンプー、メイク、ネイル、エステ、着付けなどそれぞれに実習室が設けられており、非常に充実した内容となっています。アクセスに関しても代々木駅から徒歩1分、新宿駅から徒歩5分と近く、美容を学ぶには最適な場所に位置しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする