東京美容専門学校の口コミと評判

Pocket

東京美容専門学校は、1925年(大正14年)の「代々木美粧園」を開業と同時に、プロとしての花嫁着付け「雅流着付」を確立したことを始まりとして設立されています。1946年(昭和21年)には東京美容専門学校として東京都知事許可を取得し、1984年(昭和59年)には学校法人として改称されています。

教育方針は、初代理事長であった田中浩一郎、田中雅子両氏による「堅実な学風、先進の技術」が現在にも受け継がれ、高い実績のある美容専門学校として広く知られています。

設けられているコースと取得資格について

東京美容専門学校には6つの学科が設けられています。まず、美容総合科ヘアスタイリストコースがあり、在学中に美容師免許を目指すことができ、希望に応じて受験できる資格には、I-NAIL-AネイルスペシャリストA級、東京美容専門学校認定みやび流着付技能検定試験、色彩検定、認定エステティシャン、サービス接遇検定、介護職員初任者研修があります。

次に、美容総合科トータルビューティーコースがあり、ここでは、在学中に目指す資格として、美容師免許、JMAメイクアップ技術検定、メイクセラピー検定試験、I-NAIL-AネイルスペシャリストA級、JNAジェルネイル技能検定試験、サービス接遇検定、パーソナルカラー検定、東京美容専門学校認定みやび流着付技能検定があります。

希望に応じて受験できる資格には、アロマテラピー検定、JNA認定ネイルサロン衛生管理士、色彩検定、認定エステティシャンがあり、他のコースとなる、エステティック科、メイク・ネイル科、美容通信科、エステティック通信講座においても関連資格の取得ができます。

必要となる学費について

東京美容専門学校の学費は、ヘアースタイリストコースでは入学時納付金として、入学金100,000円、授業料、実習費、施設維持費を合わせ494,000円が必要になります。1年次には2期分~4期分の学費があり、それぞれ174,000円で、1年次合計では1,016,000円となります。

2年次においては初回が394,000円、2期分~4期分がそれぞれ174,000円となり、2年次合計916,000円で、総額としては1,932,000円となります。トータルビューティコースもヘアースタイリストコースと同じ内容が設けられており、入学金、内訳、総額ともに同額の学費となります。

修学年月1年間となるエステティック科は、入学金100,000円で総額1,016,000円、メイク・ネイル科も同額の入学金で、必要な学費は780,000円となっており、美容通信科は従事者と非従事者によって、それぞれ、595,200円、687,600円となります。

また、エステティック通信講座に関しては、258,288円が必要な学費となります。

東京美容専門学校の就職サポートについて

東京美容専門学校では、就職支援の一環としてキャリアサポート室「ファーロTAHB」を設けています。ここでは、進学から就職まで総合的に対応するシステムが設けられており、学生が持つ様々な悩みや疑問に関して解決ができるようになっています。

就職活動に関しては初歩的な相談から、履歴書の志望動機や自己PRの書き方といったフォローを行っており、求人データベースにアクセスが可能なパソコンの使用やサロン資料の閲覧、これまでの就職活動報告書や説明会案内、業界資料などが豊富に取り揃えられています。

「ファーロTAHB」は、卒業してからでも利用することができるようになっており、例えば、転職などをする場合にも大きな力になっています。

東京美容専門学校は、日本エステティック協会認定校やJNA認定校であるために、毎年多くの求人が寄せられていますが、「ファーロTAHB」を利用することで、学生は不安なく就職活動をすることができるようになっています。

東京美容専門学校についてのまとめ

東京美容専門学校は、JR高田馬場駅の早稲田口から徒歩3分程度となる東京都新宿区下落合1-2-4にあります。学校は、5階建ての第1校舎、3階建ての第2校舎からなり、充実した設備を有しています。

また、新生活を東京でスタートをする人のために学生寮も設けており、ここでは、必要な家具、インターネット環境の完備、また、朝夕の食事を選べるなど、安心して快適な学校生活を送ることができるようになっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする