ネイルスクールの選び方!東京がいい?ヒューマンアカデミーは安い?


憧れの職種の一候補であるネイリストは、専門試験を受験及び合格が条件とは言えず、専門学校に通学する必要性もなく、独学でも技術獲得できる分野です。

自営業者として活躍する道の選択の他に、名声を高め専門家としても認められ、有名店や企業への就職には、技能試験合格や育成及び技術向上のためにスクールに通う事も注視すべき点です。

ネイリストが通うヒューマンアカデミー。ネイリストも常に勉強してます!

日本で展開するスクールは、多数存在しますが、ヒューマンアカデミーはネイリストが通う教育機関の一つです。認定講師試験に、必須なNPO法人のネイリスト協会の認定校は、ネイルを教育する機関として、当協会が独自で制定した施設とカリキュラムを擁し、教育者や学則等の要件を満たしたスクールです。

ヒューマンアカデミーは、認定校の一校であり、高度な知識と技術を持つプロのネイリストの養成を目指す教育機関です。当協会は、本職種を希望する人が正しい教育を受けることが出来る信頼のある学校として、ヒューマンアカデミーを含めて複数認定しています。

社会的にも信望されるネイリスト育成に心掛けるヒューマンアカデミーは、教育事業機関として、大規模展開し拡大中で大都会東京・大阪のみならず札幌から那覇まで全国に拠点を構え、ネイリストを志す人にとって利便性が高いです。ヒューマンアカデミーは育成の実績も多いことに加えて、NPO法人主催の技能試験に関する模擬試験を全国レベルで実施する等魅力な教育機関です。

ネイリストの履歴書に記載できる資格って?

ネイリストは美容師免許のように職業を行うにあたって必須の資格や学歴は特に必要がなく、実務経験とその人の美的センスやコミュニケーション力を重視する仕事です。

そのため、無資格でもネイルサロンに応募することは可能ですが、ネイリスト技能検定の資格は業界のなかでは有名でサロンによっては資格手当や給料の査定に影響を与えることもありますので、持っている場合は履歴書bに記載しておいたほうがプラスになります。ネイリスト技能検定は1級から3級までありますが、履歴書に記載できるランクは2級以上となっています。

2級がサロンで働けるレベルになり、1級になるとトップレベルのネイリストの実力と知識があることを証明できます。ネイルサロンによっては、1級以上を採用条件にしているところもあります。ネイリストにはネイルアートのデザインセンスも必要とされてきますので、パーソナルカラー診断や色彩検定などのファッションに関する資格は記載しておいたほうがよいです。

ネイルサロンで一番重宝されるのが美容師免許の資格です。ネイルサロンではネイル以外にもまつ毛エクステなどの他の施術を行っている場合がありますが、まつ毛エクステなどは美容師免許を持っている人しか扱うことができないことになっています。

素人でも簡単にできるポリッシュ。ネイリストに学んで更に美しく仕上げてみませんか?

女性が大好きなネイルケア、最近はジェルネイルがサロンでも主流となってきてはいますが、やはり昔ながらのポリッシュは素人でも扱いやすく、専用の機器などが必要ないため、セルフネイルで行っている方もたくさんいらっしゃるようです。

最近はネイリストが使う商材でも、簡単に手に入るようになっているので、より美しい仕上がりを求めてそのようなものを購入して仕上げている方も増えています。
しかしやはりポリッシュは、一見簡単そうに見えても非常に難しいもので、むらなく綺麗に塗るのはやはりネイリストにはかないません。

ネイリストは爪の先や側面も丁寧に塗布するので、仕上がりの美しさに違いが出るだけではなく、そこからネイルが剥げてきてしまうことも防げます。セルフネイルケアを習慣としている女性も、時にはサロンで施術を行ってもらうと、上手に仕上げるコツやより美しく長持ちさせるコツのようなものがプロの技から読み取れるので、そういった勉強もかねて来店して見るのも良いのではないでしょうか。

プロはカラーを塗る技だけではなく、爪自体の前処理などにも時間をかけるもので、そういった下準備をきっちりと行うことがネイルを長く綺麗に持たせることにもつながるといわれています。

実はネイリストは和製英語。海外では何ていうか知っていますか?

爪のケアやエナメルなどで着色したり、細かいネイルアートを施術することを専門に行う爪のエステティシャンのことを日本では「ネイリスト」と呼ぶのが一般的です。ネイリストの職業は、アメリカで確立されて日本にその技術が輸入されたことから、アメリカや世界でも「ネイリスト」の言葉が通用すると考えてる人が多いですが、実はこの「ネイリスト」は日本でしか通用せず、和製英語とされています。

アメリカなどの世界的には、「マニキュアリスト」や「ネイルテクニシャン」という言葉で呼ばれています。一部の東南アジアなどでは、和製英語である「ネイリスト」がそのまま通じることもあります。また、同じ美容業界のエステサロンも和製英語になり、エステサロンは海外では「エステティック」となります。

海外でネイル施術やエステメニューを受けるために英語を使うときやTOEICなどの試験を受けるときには注意が必要です。最近は、ネイリストの中にも最新のネイル技術を習得するために留学したり、現地でネイルサロンを開業して働く人も多くなってきています。そのため、最近は世界的に通用する「マニキュアリスト」や「ネイルアーティスト」という言葉を目にすることも徐々に増えてきています。

あなたは知っていますか?INAネイルスペシャリスト技能検定試験

ネイリストとしてこれから活躍していきたいと考えている方はもちろん、現在ネイルサロンでネイリストとして働いている方の中にもご自身の活躍する場所を広げていきたいと資格の勉強をされている方が多くいらっしゃいます。ネイリストの資格には、現在日本で最も歴史があるJNEネイリスト技能検定試験3級、2級、1級とレベルアップしていく資格があります。

2級の資格を持つことができると、ネイルサロンや美容室や結婚式場でのネイル担当として働くことができたりと、ネイルに関わる仕事をする道が開けます。1級の資格に合格すると、トップレベルの技術を持つ証となり就職や転職、ネイルサロンの経営にも有利になります。

他に、INAネイルスペシャリスト技能検定試験があります。もっとも難しいネイルの試験といわれるPA・AA・AAA級のAAA級の試験は合格率が数パーセントという難しさであり合格すれば、高い技術、知識を身につけている証となり最高ランクの資格を持つネイリストとしての証になります。

国内だけの活躍ではなく、海外でもネイリストとして活躍を考えている方であればオーストラリアで国際ライセンスを習得してみてはいかがでしょうか。ワーキングホリデー制度があり、働きながら合格習得を目指す事が可能です。

ランクが高い資格を持つによって働く場所が広がったりとご自身の活躍できる方法が見つかりやすくなります。

ネイリストのライセンス。必要ですか?

ネイルサロンでプロのネイリストとして働くためには、専門のライセンスを持っていないといけないのでしょうか?ネイリストという職業は、同じ美容関係の職業でも美容師のように国家資格を取得して就く職業ではありません。国家資格以外に公的な資格もありますが、ネイリストという名称の公的資格は存在しません。

しかし、民間の団体が認定しているランセンスがあり、ネイルのプロとして働きたい方はこのライセンスを取得することになります。ランセンスがなくてもある程度の知識と経験があればネイルサロンに勤めることはできますが、やはりランセンスは持っておいた方が就職には有利でしょう。

単に趣味として楽しむなら手順や正しい方法を知らなくても良いですが、職業として人にネイルを施す場合は正しい手順を見に付けなければならないでしょう。そのためにも専門のスクールに通ったり通信講座を利用する等して、ネイルを一から勉強する必要があります。

ネイリストが行う施術の内容には、基礎となるネイルのケアからカラーポリッシュ、ネイルアート等があります。ネイルケアでは爪の形をキレイにするだけでなくキューティクルの手入れも行います。デザインを考える発想力も必要でしょう。

意思疎通が大事!だからこそネイリスト達には専門用語があった

専門性がある仕事にとって用語は大切な存在ですから、基礎的な知識として覚える事は避けられませんし、用語の意味を正しく覚えて身に付ける事によって、コミュニケーションを無駄なく正確に行う事が出来ます。ネイリストの世界にも専門用語はありますし、専門的な知識と技術を活かす仕事ですから、ネイリスト同士の意思疎通が大切なので、専門的な言葉を身に付ける事は大切です。

様々な用語がネイリストに求められる知識ですし、ネイリストとして技術を磨き高めて行く為には必須の知識ですから、覚える事も仕事と捉える事により、技術を高めて行く事に役立ちます。先輩や経験者から学ぶ事は多いですから、一流のネイリストを目指す為には会話を聞き漏らさない事も一つの条件ですし、聞き返す事は時間の無駄を生みますから、一度の会話で多くを吸収する姿勢が重要です。

用語は予め覚えておく事が出来るので、一人で身に付けられる知識の一つですし、繰り返し覚えようとする事によって、自然と言葉に意味が体に染み付きます。基本的な事を飛ばして先に進もうとすると、壁が発生して技術の向上が停滞する事はあるので、基礎を固めておく事が重要ですし、先を考えた学習の心得が役立ちます。

ネイリストとして知名度をあげたいあなた!自己PRで差をつけませんか?

ネイリストは技術や経験を売る仕事ですから、多くの経験から学び取る事は多いですし、自らを高める事で価値に繋がり、顧客からの信頼や評価を高める事にもなります。自己prで自らの特徴や得意な事を伝える姿勢が大切で、ネイリストにとって自信がある事は重要ですから、顧客にアピール出来るポイントを把握する事により、相手に行う自己prに自信を持つ事が出来る様になります。

知名度が低いネイリストは、仕事を安定して得る事が将来に向けての第一条件なので、出来る事は積極的に行う事が大切ですし、自己prで伝えて行く事が後々の為に役立ちます。一人で黙々と技術を磨く事も大切ですが、顧客があってのビジネスですから、存在を知らせる事や特徴に自信を持つ事で、仕事に繋げたり技術を磨く実践の機会が得られます。

人とは違う点に積極性を持たせる事も重要ですし、自己prに役立つポイントですから、確かな技術と共に違いを前面に出して伝える事や、全体の技術レベル以外の付加価値を加える事が出来ます。付加価値や違いは競合相手を減らす事になるので、結果的にビジネスが行い易くなりますが、価値を維持し続ける事が求められますし、技術を売るネイリストにとって特に大切な事です。

ネイリストの勉強をするには?気になる費用のこと

ネイリストの勉強をする費用は、趣味や習い事として勉強したいのか、ネイリストの資格を取り仕事としてやっていきたいのかによって大きく異なってきます。趣味や習い事として勉強したい場合の費用は、通信講座を受講する場合、5万円程度になります。

この金額ですと、テキストやDVDを見ながら学ぶタイプが多く、キットが付いてくるものは、もう少し費用が高くなります。初めてネイルを学ぼうとすると、どのような道具を揃えたらよいのかわからないこともありますし、自分で道具を揃えるよりもキットとしてついてきた方が割安になる場合もありますので、その辺を考えて選ぶことをおすすめします。

資格を取得する場合には、通信講座でも受講することができます。費用は10~20万円程度になりますが、趣味や習い事として学ぶ時よりも教材の面でプロが使用しているものであったりと、充実しているのが特徴です。

スクールに通った場合ですが、受講料、教材費、受験に関わる費用の総額で、150~200万円程掛かります。料金面で通信講座との差はかなりありますが、活躍しているネイリストが講師になっていたりするので、その技などを実践を通じて体験できるというメリットがあります。

時間がなくてもネイルの勉強ができる!通信講座で学ぶネイリスト

爪のケアに気を使う女性が増えてきており、今ではネイルはひとつのファッションとして定着してきています。その為ネイリストという仕事も需要が増えてきています。ネイリストになるには特に資格は必要ありませんが、仕事として行う以上は当然基本的な知識や技術力は必要となってきます。

社会人や学生がネイリストとしての勉強をしようと思うと専門学校へ通う事は難しいので、通信講座を利用される方が多いです。通信講座では基礎知識から技術面まで総合的に勉強をする事が出来ますし、自分が作成したネイルチップを提出するなど学校と同じ様な感覚で受講する事が出来るプランも多数あります。

通信講座は今の生活を維持しながら自分の空いている時間を有効に使って勉強が出来るというメリットがあります。一方的に教材が送られてくるだけでなく、解らない部分は質問が出来ますし、課題を提出する場合もありますので学習目標を立てて効率良く勉強を進めていく事が出来ます。

ネイリストとしての技術を磨くには、数多く実践する事が一番大切ですが、何事も基礎は一番大切な部分です。基礎がしっかりと出来ていなければ応用をする事は出来ませんので、通信講座でしっかりと基礎を身につける事はとても大切です。

ネイリストの腕は練習あるのみ!努力次第で変われます

年齢問わず、女性たちを夢中にさせてしまう指先のおしゃれであるネイルケア、指先は意外と他人の目にも良く止まる部分なので、こういった細部にまでお手入れが行き届いていると、印象も格段に良くなり、レベルの高いおシャレ女子というイメージを植え付けることが叶います。

このような美しいネイルケアを作り上げてくれるのは、ネイリストさんたちですが、仕上がりの持ちや満足度にはこのネイリストの技術力が大きく影響するものなので、デザイン力も含め、自分と相性の良い施術者を見つけることはとても大切なことなのです。

これは女性に取って見た目を美しく演出するには欠かせないヘアスタイルを整える美容師さんと同様で、自分の髪質や好みを完璧に把握し、流行も取り入れながら自分に似合うスタイルを作り上げてくれる美容師さんは、いなくなってはたちまち困る存在で、ひとたびお気に入りの担当者を見つけたら、よほどのことがない限りその美容師さんは変えないものです。

ネイリストも、ぴったりくる人が見つかればずっとその方に任せたいと思う女性が多いので、固定客をつかむためにもネイリストたちは日々練習量を重ねています。
こういった職種は技術力の高さはその人の行ってきた練習量に比例することが多いので、サロンワークの合間に、特訓している人も多いようです。

ネイリストがピアニストに気をつけること?気遣いも仕事の一つです

ピアニストでもプロアマを問わず、ネイルファッションを楽しみ、またネイルアートで指先を飾って演奏する方もいらっしゃいます。美しく彩られた爪が華麗な指使いによってピアノの鍵盤の上を流れるように動くのはとても絵になるものです。

ネイリストがピアニストの方達のネイルを担当する時、一般の職業の人々よりも気を付けなければならない点がいくつかあります。爪の長さです。鍵盤に置く手のフォームは爪の先が白鍵黒鍵全てにカチカチとあたってはいけないからです。逆に切り揃えて上げるときも短すぎて深爪になってしまっては、痛くてピアノが弾けないとなってしまっては大変です。

また、ラインストーンなどのキラキラデコレーションタイプのネイルデザインは、専用ボンド付けで貼り付けを行うタイプや、シール調のものがありますが、いわゆる爪が立体的に3Dになるものは、ピアニスト等の指を激しく使う職業には不向きです。演奏途中でスワロフスキーが一つでも取れて、白鍵と黒鍵の間に挟まってしまうなどのことがあってはいけないからです。

ピアニストの方でも、ネイリストに対して色やデザインの注文を言う場合もありますが、曲目や衣装に合わせたネイルを仕上げるには、ネイリスト自信にも音楽の知識も必要となってきます。

ネイリストに必要な知識。実技だけではできないネイリスト

女性たちが大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、このネイルケアを仕事としている人たちのことをネイリストと呼びますが、一見華やかそうに見え、女性の憧れの職種としても良く上げられるようですが、実態はかなり厳しい仕事であるといえます。

ネイルケアは自分でもできるという人はいますが、爪を傷めることなく装飾を行うというのは、考えている以上に難しいもので、幅広い知識と経験が必要ネイリストになりたいと考えると、まずは様々な知識を習得するためにスクールへ通う方が一般的で、街中には大小合わせると数えきれないほどのネイル学校が開設されています。

ネイリストはただ単に施術ができるようになればいいというものではなく、爪の構造などもしっかりと理解しておかないと、爪の病気などを未然に防ぐことができなくなってしまうので、実技だけではなく学科も時間をかけて学びます。爪は非常に個人差があるもので、人それぞれに質も違えば大きさも違い、その方の爪に合った施術方法が存在します。

そういったことをしっかりと見抜ける力を備えていないと、お客様から支持される一流のネイリストになることはできないので、実技ばかりに力を入れるのではなく、学科もきちんと頭に入れておかなければなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする