多様するネイリストの働き方!派遣?在宅?給料や認定講師の資格とは


最近ではネイルアートがすっかり定着しており、さまざまな装飾を施した指先の女性を多く見ます。

このような状況で活躍しているのが、ネイリストとして働く人々なのです。プロとしての技術を生かし爪のお手入れやジェルネイルなどを行ってくれるネイリストですが、資格制度はあるのでしょうか?

コンテンツ

ワンランク上のネイリストを目指すなら!認定講師の資格を取りましょう

実はネイリストには、認定講師の制度が存在しています。

認定講師とは定められた試験に合格して得られる、ネイリストの上級資格なのです。

その高い技術を生かし通常業務にプラスして講習会の講師を務めたり、後輩の指導にあたったりします。

将来的にも活躍が望める価値ある資格なのです。

認定講師になる為にはどうしたらいい?

そんなネイリストの認定講師になるためには、どうしたら良いのでしょうか?まずは一定以上の実務経験と、技能検定試験1級、ネイルサロン衛生管理士、そしてジェルネイル技能検定試験上級の資格が必要となります。

その後定められた学校で規定のカリキュラムを修了することが、認定講師資格試験を受ける条件となるのです。

他にも細かい受験資格があり、それを満たすことが必要です。

受験資格は必ず確認してください。

認定校は全国各地にあり

認定校は全国各地にあり、ネットで検索すれば探せます。

これからますます需要が高まるネイリストでも、ワンランク上の認定講師は、業界で安定して働き続けるためにも、ぜひ取得したい資格といえます。

不器用だからネイリストになれない?そんなことはありません!

ネイリストになりたい!だけど不器用だから・・・と始める前からあきらめているあなた!

実は、ネイリストに必要なことは、手先が器用ということだけではないのです。

接客業の部分が重要

ネイリストというのは、一見職人ぽい仕事に見えるかも知れませんが、意外に接客業の部分が大事になってきます。

ネイルをしてもらう時には、話をしながらしてもらいますよね。

作業中は、もしかしたらネイリストさんも集中してしまうので、話が途切れることもあるかも知れませんが、ネイルを始める前やその後は、必ず会話があるはずです。

そんな時に不愛想だったり感じが悪かったりしたら、いくらネイルの技術が優れていたとしても、もう一度お願いするかどうか迷ってしまいますよね。

技術は練習すればだれでもうまくなる

ネイルの技術などは、スクールでもたくさん練習しますし、スクールの方でも、その人が苦手な所は重点的に練習するよう指導してくれますので、不器用だからネイリストになれないということはありません。

ただし、やはり技術が上手くなるためにこつこつ練習する努力や忍耐力は必要になります。

不器用だからと最初から諦めてはいけない

不器用だからといって最初から諦めるよりも、技術を磨いて、お客さんとのコミュニケーションを大事にするネイリストになろう、とポジティブに考えてみてくださいね。

増え続けるネイリストの需要の秘密とは

ネイリストの働く場所といえば、ネイルアートを専門に行うネイルサロンが一番有名ですが、それ以外にもネイリストが働ける場所はたくさんあります。

同じ美容業界では、ネイルメニューがある美容院やエステサロンがあります。

美容業界以外にも需要がある

美容業界以外にも需要はあり、ブライダル業界もネイルリストの求人をしています。

ブライダル業界では、花嫁や結婚式に出席する女性客向けのネイルサービスを行うためにネイリストの需要があります。

それ以外にも福祉業界でもネイリストの需要はあります。

福祉業界では、介護施設や老人ホームでネイリストが出張して高齢者にネイルケアやハンドマッサージなどの簡単なネイル技術を施すことがあります。

ネイルをするのは若い女性だけではない

ネイルを日常生活に取り入れている人は、若い女性だけでなく、高齢者まで幅広いです。

女性だけでなく営業や販売職などの接客がメインの仕事をしている男性の間でもネイルケアが身だしなみのひとつとして取り入れています。

男性向けのネイルスクールも開校される

そのため、男性向けのネイルサロンや、男性受講者だけのネイルスクールも開校されるなどネイルを受ける側と施す側の両方に広がりを見せています。

また、副業としてもネイルリストを目指す人もいます。

ネイルサロンでは土日が一番来客数が多いため、平日はOLなどの別の職業をしている人が土日だけネイリストとして働くことも可能だからといえるでしょう。

ネイリストになるために知っておくべき貯金と資金

ネイリストの世界は、勤続年数に応じて昇給があり、年収も年齢とともに上がることが多いサラリーマンに比べるとあまり昇給を期待できないです。

実務経験があるかどうかで差が出る

ネイリストは1年でも実務経験があれば、未経験者よりも給料だと数万円単位で、時給であれば数百円の差がでますが、店長などの管理職にならないかぎり、10年以上働いているベテランでもあまり年収は2、3年目の社員とたいしてかわらないことが多いです。

フリーで働く方が稼げる職業

ネイリストの世界では、ネイルサロンで勤務するよりも独立開業したり、フリーで働くほうが稼げる可能性が高い職業です。

そのため、多くのネイルサロンで勤務しているネイリストの多くは、将来の開業資金のための貯金をしている人が多いです。

平均年収は300万前後

しかし、ネイリストの平均年収は300万前後が主流で、毎日の生活をするのが精一杯で貯金できない人もいます。

そのため、平日は一般企業でOLなどの安定した収入が見込める仕事をもって、土日にネイリストとして働き、二足の草鞋をしながら独立開業資金を貯める人もいます。

独立開業するための資金は、店舗を賃貸物件を借りて行うか、自宅をそのまま利用するかでも金額は大きくかわってきます。

自宅で行える場合は、20万から30万ぐらいで開業することが可能です。

ネイリストの将来性。成功への道!

ネイルアートは若い女性を中心に人気が高まっており、2001年に約900件ほどしかなかったネイルサロンは、2010年には約3000件になる伸びを見せています。

また、専門店以外でネイルサービスを行っている店舗も合わせると1万9千店にもなります。

ネイリストの資格を取る人が増えている

ネイリストは、資格が絶対に必要ではありませんが、専門学校や通信講座などで資格を取ることが重要になっています。

未経験でもアルバイトなどで採用してくれるサロンもたくさんありますので、ネイリストを目指す人はにとってはチャンスが広がっています。

右肩上がりのネイル業界は、将来性が非常がある職業だといえます。

しかし、ネイリストの志望者は年々増えており、ライバルがどんどん増えていくので競争が激しくなっていきます。

ライバルが増えるにしたがって価格競争が起こっており、サービス価格の低価格化が進んでいます。

激しい競争の中で生き残る為に

激しい競争の中でネイリスト高い質の技術やサービスをいかに提供できるかが、ネイリストとして勝負となっていきます。

ネイルは、若い女性のお客が多いですが最近では、男性のお客も増えており、需要がどんどん高まっています。

ネイリストは思っている以上にハードで大変な仕事ですが、将来性がありとってもありがいのある仕事と言えます。

ネイリストのノルマは?エステ業界と比較!

女性は何かと美容ケアには関心が高いもので、少しでも自分の容姿を魅力的に見せるために、様々な工夫を行うものです。

そのような美容系の仕事は、女性たちの憧れの職種としても支持されており、手に職のある仕事でもあるため、不景気の時代にも有利です。

いったんは他の職業につきながらも、将来のことを考えて勉強し始めている人も少なくはないようです。

ネイリストは趣味から独立という人も多い

中でもネイリストは女性たちの大好きな指先を彩る素敵な仕事ですが、趣味が高じて本格的に学び始め、ネイリストとして独立したという人も多く、ネイルスクールもどんどんと増えているようです。

美容系の仕事は、一見華やかでおシャレなイメージも持たれやすいものですが、実際にその世界へ入って見ると、給料は安く仕事はきつく、ノルマも課せられたりと、なかなか体力的にも精神的にも厳しい仕事だといわれることが多いものです。

エステと比べると優遇されている点も

しかしながら唯一、このネイリストだけは、施術がらコース契約があるわけではないので、お客様にそれほど強引な勧誘をしてノルマを達成しないといけないということはなく、エステティシャンに比べるとそういった点ではかなり優遇されているといえるでしょう。

自宅でのケア商品も、それほど単価の高いものはないので、お客さんのほうから購入したがることも多く施術者側から勧めることはあまりないようです。

プロが教える!簡単!格安セルフネイル♢

最近では、インターネットの通販ショップでも、様々なネイル用品が販売されているので、セルフネイルでもかなり本格的な仕上がりが出せるようになってきました。

そういったサイトでは、プロのネイリストが、施術の手順や美しい塗り方などを詳しく解説してくれてるので、腕を磨くにはとても参考になります。

ネイル市場は年々進化を続けている

またネイル市場は驚くほど進化しており、ネイリストが仕上げたような精密なデザインでも、簡単に再現できる便利アイテムが誕生しているので、そういったものを使えば満足度も高められます。

また、多少塗り方にむらができてしまったとしても、ラメやホロ、そしてネイリストが考案したデザインシールなどを乗せれば、失敗は簡単にカバーでき、自分で仕上げたとは思えないほどのレベルの高い仕上がりを出せます。

サロンでの施術は高くつく

ネイルはサロンで施術をお願いするとなると、それなりに高い施術料を支払わなければなりませんが、自宅で行えば初期投資はかかったとしても、一回当たりに換算すると、驚くほど格安で楽しむことも可能です。

通販ショップでは安く購入可能

サロンであれば高いといわれているスワロフスキー製のラインストーンも、通販ショップではたくさん入って数百円で購入できるので、好きなだけ付けることができます。

通販ショップとひと口に言っても沢山のショップがあるので比較が必要です。

夢を諦めていませんか?Wワークでネイリストになる方法

近年、女性の間で流行しているのが、ネイルアートです。デザインも種類も豊富に展開している事が一つの特徴です。

また、ネイルの資格を取るために、日々勉強をしている女性も多くいます。

ネイリストになる為には試験に合格する必要がある

ネイリストになるためには、試験を受ける必要がありますし、知識や技術はもちろんのこと、何回も経験を踏む事が非常に大切です。

また、資格取得までに要する時間やお金もかなり必要になりますので、ネイリストを目指す人はそれらの費用をまずは捻出することから始めなければいけません。

wワークという形をとる人も

例えば、ネイリストを目指す人は、wワークという形をとって、昼と夜に働いている人も大勢います。

二つの仕事を掛け持ちすることで、資金を集めて、ネイリストの資格を取るために頑張るという女性は多いです。

シングルマザーを選択する人も

また、昨今はシングルマザーとしての生きかたを選択する人が多くいます。

シングルマザーになると、まずお金が必要になりますし、仕事も必要です。そのために、ネイリストの資格を取る人も大勢います。

ネイリストの資格を取れば自宅でも開業が出来ますし、将来役に立つ資格です。

また、ネイルを生業にするには、給料が少ないなどの弊害があるため、wワークをしながら、徐々に資金をためて、開業準備をする女性も多くいます。

ネイル=若者。の時代はもう終わり!福祉ネイリストとは・・・

ネイル=若者。というイメージあなたももっていませんか?今やそれも変わってきているといわれています。

最近では高齢者向けのネイルサービスも登場

ネイルの技術を受ける顧客層の大半は、確かに若い女性が中心になっています。

しかし、最近は高齢者にネイルを施すサービスも出てきています。

このサービスは、介護サービスを受けている高齢者の自宅や介護施設にネイリストが出張する形が主流になっています。

介護ネイリストや福祉ネイリストと呼ぶ

高齢者を対象としてネイルの施術をするネイリストのことを介護ネイリストや福祉ネイリストとも呼ぶことがあります。

福祉ネイリストを専門的に育てるネイルの専門学校や通信講座などもできています。

高齢者の数はこれから増えていくため、高齢者をネイルの顧客層に加えることで市場がさらに広がる可能性がでてきます。

介護ネイリストには、ネイルの技術力だけでなく介護面での知識も必要となってきます。

ネイル施術を受ける側にとっても、爪のきれいに整えることで気持ちの高揚やリフレッシュなどの精神面での効果も大きいため、需要もあります。

化粧療法とは?

ネイルなどの身なりを整えることで心理面や生理面での効果を身体の治療に活かすことを「化粧療法」といいます。

福祉の世界では、ネイルだけでなくヘアメイクのプロを介護施設に呼ぶこともあります。福祉関連の仕事をしていた人が、ネイルの専門学校や通信講座でネイルの勉強をすることもあります。

美容室などでネイリストを委託している理由。

年齢関係なく、女性たちを虜にするネイルケア、指先の小さな部分ではありますが、こういったところまでぬかりなく綺麗にケアできているのが、本当の意味において美意識が高いということで、格段に女子力をアップさせてくれます。

普段からできるオシャレとして浸透

数年前に日本へ上陸したジェルネイルの爆発的な人気によって、ネイルケアが普段からできるおシャレとして浸透し、このブームに伴い街中にもネイルサロンが次々と増えていきました。

また、ヘアーサロンの中にもサブメニューとしてネイルケアを導入するお店が増え、お客様はヘアケアとネイルケアとが同時に行えると、ますます注目されているようです。

委託として働いているネイリストも多い

このように美容室などで新たにネイルメニューを取り入れる場合、ネイリストは委託する場合が多く、フリーで働いているネイリストさんと契約していることがほとんどです。

ネイルケアは簡単そうに見えて、お客様から施術料をいただけるプロレベルの技術力を身につけるには、ヘアーサロンのスタッフに勉強させるよりも、委託でネイリストと契約するほうが断然安上がりです。

ネイルケアは予約制にしているサロンが多く、予約が入ればその日に合わせてネイリストに来てもらうといったシステムで、ネイリスト側も勝手にサロンが集客をしてくれるのでうれしいようです。

美容師免許をネイリストの仕事に活かす

ネイリストとして働いている人の中には、美容専門学校で美容師の免許を取得した後に、ネイル関連の専門学校に通ってネイル検定などの資格を取得してからネイルサロンで働いている流れをとっている人もいます。

無資格でも働くことができるネイリストには美容師免許の必要ないと考える人もいますが、この美容師の資格はネイリストとして働く場合でもかなり仕事で活かすことができます。

仕事の幅が広がるというメリットが

まず、この美容師免許の資格をもっていると仕事の幅が広がるメリットがあります。

まず、ネイルサロンではネイル以外にまつ毛エクステの施術も行っているところは多いですが、このまつ毛エクステを行うには美容師免許が必要なため、資格を保持しているネイルリストはエステサロンにとってとてもありがたい存在です。

まつ毛エクステの施術も行えるようになる

まつ毛エクステの施術も同時に行えることで他のネイリストよりも給料面などで優遇されるケースも多いです。

また、現在のネイルサロンは美容院と併設されることが多いため、美容院での業務が忙しいときは、シャンプーやブローなどのアシスタント業務を手伝えるというメリットもあります。

美容師免許の所持者を優先的に採用する

そのため、美容院とネイルサロンが一緒に経営している会社では、採用するときに美容師免許を持っている人を優先的に採用する傾向が強いです。

そのため、美容師免許を取得しているだけで、無資格のネイリストよりも就職率が高くなるというメリットがあります。

今注目される在宅ワーク!最適なのはネイリスト!

仕事は外で働くという方法もありますが、子育て中などの場合は思うように外で働くことができないこともあります。

在宅ワークで収入を得ることも可能

とはいえ、仕事は外でだけ行うものではなく、自宅でも行える仕事は意外と多くそれぞれの得意分野を活かせば在宅ワークで収入を得ることも可能です。

在宅ワークにも多くの種類があり、パソコン業務や手内職、料理教室なども人気です。

女性の場合は資格を持っている人なら、自宅の一室を利用して美容サロンを行うことも高収入を期待することができます。

美容の仕事にも多くの種類がありますが、特にネイリストは注目されている仕事です。

ちょっとした場所があればできるのが良いところ

ネイルの良いところは、ちょっとした場所があれば行うことができますので、大掛かりなリフォームなども必要なく初期費用を抑えて経営できることがあげられます。

すでにネイリストとして活躍の経験のある人ならすぐにでも始めることが出来る方法です。

そしてまだ資格を持っていないという場合は専門のスクールや通信教育で技術、知識を身につけることもできます。

知人友人から顧客を得ていく

ネイリストとして在宅ワークを始める場合は、まずは友人知人から顧客を得ていくこともできますし、より本格的に行うならチラシなどの広告を出す、サイトを作成するなどで集客することができます。

ママ業と両立したいならネイリスト!

ママ業もしたい・・・仕事もしたい・・・そんなあなたにおすすめなのがネイリストです!

女性たちの大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、季節やファッションに合わせておシャレに付け変える方も多く、こういった細部にまでお手入れが行き届いている女性というのは、同性から見ても憧れの存在です。

機器が必要ないので自宅で内職として出来る職業

このような美しい指先にしてくれるのは、ネイルサロンで働いているネイリストさんたちですが、この美容ケアはエステサロンのように業務用の大きな美容機器が必要となるわけでもないので、結婚や子育てを機に退職し、自宅で内職や副業としてサロンワークを行っているママさんネイリストも多いようです。

技術力さえ身に着けてしまえば自由

ネイリストとしての技術力さえ持っていれば、自宅の一室を使って開業することも十分に可能なので、家事や育児と両立しながら働くことも夢ではありません。

実際のところ、子供のママ友をお客さんとして、口コミで評判が広がり、固定客をたくさんつかんで成功しているネイリストもおり、自分の都合に合わせた働き方ができる職業でもあるので、資格取得に向けてがんばってスクールに通い始めるママさんも多いようです。

いくつになっても綺麗になりたい

女性というものは、いくつになっても綺麗でいたいと願うものなので、美容ケアに対する関心も高いものです。そんな中で好きが高じて職につなげたという方もおり、そういった方対象のスクールも増えてきているようです。

派遣でネイリストをしてみませんか?時間を有効活用できるチャンスです!

専門的な手足の爪に施す化粧や装飾であるネイリストの働き方は多種類あり、指揮命令権は発注企業がもつ派遣も一つの手段です。

プロのネイリストを目指す人も多い

自分自身の爪を飾る創作作業をエンジョイする目的で、ネイルアートをする人も少なくない一方で、ネイルスクールに通いプロとしてのネイリストのスキル習得を目指す方が多いのが現状です。

実践に活用したい気持ちが強いネイリストを目指す人の卒業後の進路は、ネイルサロンのお店で活躍する方や自宅サロンを開業するなど様々です。

派遣として働く人も多い

年末や夏期など人員が不足する時に役立つのが派遣ですが、ネイリストも自由な時間に働ける方法として選択されています。

発注企業と直接雇用契約を締結する派遣は、人手を増やしたいサロンでも重宝され、入社時から即座に力を発揮できるなど魅力的です。

自由な雇用形態

実際のネイリストの業務は派遣先のお店で行い、必要な時に出勤するフリーランス希望者にも有効な雇用形態です。

ネイリストの派遣を実施する企業は増加傾向にあり、システムは、経験や実績に加えて、検定試験の合格の有無などを登録し斡旋する方式です。

空いたシフト時間の穴埋めや新規にネイルサロンを開業する斡旋先のニーズは多彩であり、サイトで多く出現する状況です。

ネイルをする=就職。ではありません!自分のペースで内職ネイルはどうですか?

家でもできる仕事がしたい!そんなこと思った事ありませんか?家事をしながら仕事もできるのがネイリストの魅力です。

今回はネイリストを内職として働くメリットをお教えします!

年齢問わず女性は指先のオシャレに気を遣う

年齢問わず、女性たちが大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、こういった細かい部分にまでおシャレが行き届いている女性というものは、異性から見ても非常に魅力的なもので、女子力もかなり高いと言えそうです。

さてこのネイルケアを仕事にしているのがネイリストといわれる職種ですが、この職業は美容系の専門職とも言われており、この不景気の時代においては手に職があるということで、憧れの職業として女性たちから支持されているようです。

大小さまざまなスクールが開校されている

ネイリストを目指してスクールに通っている女性も年々増加傾向にあるといわれており、大小様々なスクールが次々と開設されているようです。

今現在他の職業につきながらも、将来はネイリストとして活躍したいという夢を持つ方も多く、仕事を終えてからでも通いやすいようにと、夜間のカリキュラムが充実しているスクールも多く、幅広い年代の方たちが熱心に学ばれているようです。

内職としても十分成り立つ仕事

この仕事は、なにもサロンへ就職しなくても、自宅の一室で仕事をすることも可能で、自宅兼で小さなサロンを開業している女性も多く、内職としても十分に成り立つ仕事です。

実際に結婚、妊娠を機にサロンを離れて、子供がある程度大きくなったからと、家で内職でスタートし、口コミでお客さんを増やしている賢いネイリストさんもいるようです。

ネイルをするといっても働き方は一つではありません!諦める前に自分にあった働き方を探してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする