ネイルで有名になるには練習?人気ネイリストになるために必要なこと


ネイリストに向いているであろう資質がありますが、ネイルには流行がありますので流行に敏感である事が大切です。

人気のあるネイリストになる為には定番のデザインに強いだけでなく、流行しているデザインに対する知識がある事が重要ですので、常に流行を学ぶという意識が持てる方が向いています。

どんな人がネイリストに向いている?ネイリスト向きの資質があった

お客様の要望をしっかりと把握できる、そして要望を引き出す資質がある方も向いていると言えます。いくつかのサンプルからデザインを選んだもらう場合ならまだしも、時にはお客様からのオーダーにも対応しなければいけません。

その際にお客様と相談し、どんなデザインを希望しているのかをしっかりと理解する力が必要になりますし、もちろんイメージを具現化する能力も必要不可欠です。細かい作業を好む方にもネイリストの資質があると言えます。

ネイルの際には繊細な作業が求められる事がありますが、そういった細かい作業が好きな方がネイリストとして働き易いと言えます。そして一日に何人ものお客様へのネイルをしなければならない事もありますので、持続する事ができる精神力も必要不可欠です。

もちろん作業の際には手先の器用さも必要ですので、元々器用な方ですと作業をし易いと言えます。

ネイリストなら知っておこう!ネイルにはこんな歴史があった。

爪のケアやネイルを使用して爪にさまざまなデザインを施すネイリストは、ここ最近できた新しい職種のようなイメージがありますが、アメリカでは、1970年代にはすでに現在のようなネイルアートを専門行うネイルの仕事は存在していました。ネイリストの歴史はアメリカの方が日本よりも古いです。

また、ネイル自体の歴史はとても古く、紀元前のエジプトですでに爪に着色する習慣はありました。西洋では男女ともに爪を整えたり、磨くなどのケアが身だしなみのひとつとして習慣化されていました。日本でも平安時代から花から採取した染料で爪を染める習慣はありました。

日本でエナメルが登場したのは、明治の終わりです。一般に浸透してきたのは1970年頃からです。現在のような創造性豊かなネイルアートが施されるようになってきたのは、1990年代以降です。それ以前は自分でエナメルを爪に塗るだけで、それを専門に行うネイリストは日本ではまだ存在していませんでした。

凝ったネイルアートが90年代以上女性に流行するようになってから、アメリカで発展したネイルアートの技術が日本にも輸入され、ネイリストの職種の存在が日本でも認知されるようになりました。

現在は、ネイルサロンだけでなく美容院やエステサロン、ブライダル業界などさまざまな場所にネイリストの需要が出てくるようになってきています。スクールも女性だけでなく男性受講者も通うようになってきており、男性のネイリストも徐々に増えています。

アイテム一つであなたもプロ並みのネイルができる?簡単セルフネイル☆

年齢問わず、女性たちを惹きつける指先を彩る美しいネイルデザイン、ネイルサロンへ行けばネイリストが、持つべき技術力をフル稼働して、非常に繊細で美しい芸術作品のようなネイルを作り上げてくれます。

しかしサロンでプロのネイリストに仕上げてもらうとなると、それなりの料金は支払わなければならず、何かと美容ケアにはお金がかかる女性に取っては、ネイルまで手が回らないと諦めざるを得ない方も少なくはないようです。

しかしながら最近は、ネイル市場がかなり進化しており、自分で行うセルフネイルでも、まるでプロに仕上げてもらったかのような本格的な仕上がりも簡単に出せるような便利アイテムが、次々と誕生しています。そういったものを上手に取り入れれば、ネイリストが時間をかけて作り上げていくさまざまなパーツを、一瞬のうちで再現できるので、手先が器用でないと不安な女性でも安心です。

ネイルのデザインは一見シンプルそうに見えても、かなりのパーツを組み合わせて作りこんでいるもので、それを十本の指に均等に施していくとなると、かなりの技術力、そして集中力が必要とされるものです。
そんなデザインが、シール状になったネイルアイテムなら、爪に貼るだけで再現できてしまうので、今とても人気のあるネイル用品となっているようです。

ネイルのもちをよくするベースコート。綺麗に仕上げるには下準備が重要だった!

女性たちが大好きなネイルケア、ネイルサロンでプロのネイリストに仕上げてもらうと、施術料金がとても高いということから、いろいろとネイル用品をそろえて、自宅で自分でお手入れを行っている人も少なくはないようです。しかしどうしてもセルフネイルはもちが悪いという悩みを持つ方も多く、もっと綺麗な状態を持続させたいと感じている人は意外と多いようです。

ネイリストの施術の流れを見ていると、カラーやデザインを塗る工程が細かく分かれていることはもちろんですが、意外と下準備にもとても時間をかけており、ベースコートであってもきっちりと塗布しています。ベースコートは持続力を高めるだけではなく、ポリッシュのカラーが爪に浸透してしまわないためのケアでもあるので、必ず塗布する習慣をつけましょう。

素人とネイリストの違いは、すべての工程において細かい部分にまで行き届いているか否かで、忘れやすい爪の先端や端、そして甘皮部分を綺麗に処理しているかどうかなどに差があり、そこにポリッシュがついてしまうと仕上がりも汚くなるばかりか持続性の低下にもつながります。

セルフネイルを行うのであれば、そういったところを見直すと、レベルの高い仕上がりが期待できるはずです。

一流のネイリストになりたいあなた、デザイン力を磨きましょう!

私たち女性が大好きなネイルケア、指先が美しく彩られていると、いつもよりテンションが上がるもので、自分の指先を見ては綺麗だと満足している女性もいらっしゃることでしょう。

女性は身だしなみとして、また自分の見た目を少しでも魅力的に演出するために、様々なケアを取り入れるものですが、そんな中でもネイルケアは、かなり女子力をアップさせる効果が期待できるもので、日常的に行いたいと考えている人も少なくはないようです。

さてこのようなおシャレなネイルケアは、ネイルサロンでネイリストによって作り上げてもらいますが、デザインによっては逆に品格を下げてしまうこともあり、TPOに合ったデザインやカラーを選択するということが重要です。

そのためネイリストには、担当したお客様の好みやどういった社会的環境の中で生活しているのかを、会話の中から探り、浮かないデザインを提供してさしあげる力が求められます。どんなに精密なプロフェッショナルなデザインのネイルでも、その場にふさわしくなければそれは全く価値がないものとなってしまいます。

それどころか常識のない人というレッテルをはられてしまうことも否定できないので、ネイリストにはお客様の希望を取りれながら、かつ爪のためにもしばらくはつけかえずに生活のできるものを提供することが大切なのです。

人気の高いグラデーションネイルが得意なネイリストが多いのはなんで?

若い女性から年配の女性まで、大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、こういった細部にまできちんとお手入れがされている女性は、女子力も高く、異性から魅力的にうつるようです。指先は意外と他人の目にも良く止まる部分であり、メイクと違って自分の目でも常に確認することができるので、綺麗なカラーやデザインが施されていると、それだけでも気分も上がるものです。

さて女性は美容には何かと関心が高いもので、いくつになっても綺麗でいたいと願いますが、こういった美容ケアは仕事としてもとても人気が高いようです。美容系の仕事に就きたいと願っている女性は多く、中でもネイリストはとても人気があって、ネイルスクールもどんどん増えているようです。

ネイリストたちは、爪のお手入れを基本に、デザインもたくさん習得しなければなりませんが、中でもやはりグラデーションデザインはとても人気が高いので、必ず勉強するデザインです。グラデーションは徐々に濃淡を付けていくデザインですが、簡単そうに見えて境目がわからないように仕上げるのにはそれなりの技術力も必要とされ、何度も練習し習得したというネイリストも多いようです。

最近人気のジェルネイルでもやはりこのデザインは一番人気で、指が長く見え上品なので、年齢問わず好まれるようです。

ネイリストに欠かせない一つの技術チェック。流行を大事にするために常に行われているんです

女性たちの指先を彩る美しいネイルケア、こういった細部が綺麗にお手入れされていると、それだけでも随分と気分は高揚するもので、お気に入りのサロンへ通い、毎月施術を受けているという女性もいらっしゃるようです。

自分の好みまで全て把握してくれているネイリストさんがいると、ファッションともバッチリと合うセンスの良いおシャレができるので、女子力アップには欠かせないと話す女性も多いものです。さてこのネイリストという職業は、一見華やかな仕事のように思われがちですが、その作業は驚くほど精密で細かく、集中力と根気が必要とされるまさに職人ともいえる仕事です。

常に下を向き、細かい工程を一つずつ積み上げていかなければならない仕事で、少なく見積もっても一人のお客様を仕上げるのには約二時間はかかります。またその施術を行いながら、もちろん接客業でもあるので、お客様を飽きさせないように話題を振り、相槌を打ちといったコミュニケーション能力も必要とされます。

そして何よりも大切なことが、常に流行を意識したデザインができているかということなので、技術チェックは欠かせません。サロンのネイリストは、お互いがモデルとなり技術チェックを行うことも大切な仕事のひとつなのです。

日々勉強がネイリストになるための近道です。

女性たちの指先を彩るネイルケア、女子力を上げるには非常に効果が高いポイントで、こういった細部にまで気を抜かずにお手入れが行き届いている女性は、同性から見てもおシャレのお手本ともなり憧れのまなざしで見つめられることも多いものです。

このような美しいネイルを完成させるのは、ネイルサロンで働くネイリストたちですが、彼女たちは施術を行う技術力もさることながら、常に最新の流行を取り入れられるように様々な方面にアンテナを張り巡らせる必要があり、技術向上に向けて勉強を重ねることが必要です。

美容市場は日々進化しているので、こういった業界で働くならば、日々新技術にも敏感に反応し、そしてその技術を習得するべく技を磨くことが求められます。ネイル業界も驚くほど進化を遂げており、デザイン一つにしても流行というものがあるので、今何がブームなのか、どういったものが評価されるのかといったことを見極める力が求められています。

ネイリストは基本的な学科を学ぶことももちろん大切ですが、後は実践をどれだけ積んでいるかが重要視されることで、より多くの女性たちの爪を扱うことによって、ダメージを与えることなく、その方の希望を取りれながらふさわしいデザインに仕上げる能力を身につけることが大切なのです。

ネイリストは一見華やかな職業に見られますが、サロンワーク以外の時間は技術向上に受けて勉強漬けの毎日なのです。

人気ネイリストになる鍵は練習時間です!

年齢問わず女性たちが大好きなネイルケア、こういった細部に至るまできちんとお手入れが行き届いている女性というのは、とても美意識が高く、同性から見ても憧れの対象となりえるものです。指先は周囲に印象付ける効果が高く、ちょっとした仕草でもたちまち女っぷりを上げてくれるので、ネイルケアは女子力アップには欠かせないお手入れなのです。

さてこのような素敵なネイルは、ネイルサロンへ行きネイリストと呼ばれる施術者によって作り上げてもらうものですが、一口にネイリストといってもその技術力の差は非常に大きいもので、一流のネイリストに当たることが出来れば、その仕上がりの完成度もデザインのレベルも、そして持続力も大きく違ってくるものです。

固定客をつかんでいる一流の施術者は、練習時間がとにかく多いもので、どれだけ経験を積んでいても日々腕を磨くために、繰り返し練習し実践を行います。爪といえども非常に個人差があるもので、形、幅、長さ、カーブ、質すべてが皆さん違うものなので、それぞれの爪にどれだけ美しく、そしてしっかりと定着して付けられるかは毎回真剣勝負です。

ネイリストはその時代の流行のデザインというものも常に把握して習得しておかなければならないので、練習時間はいくらあっても足りないくらいなのです。

ネイリストになる上で必要な技術の一つ、ファイバーラップを知っていますか?

ネイルサロンなどでプロの方にネイルを頼んでケアやアートをしてもらっている方であればご存知かもしれませんが、ネイリストというお仕事は爪を華やかに彩るアートをする他にも、手指や爪などのケアもしてくれるお仕事です。まさに手、爪に関するケア、美しく見せるためのネイルアートをおこなってくれるハンドエステサロン並のケアをしてくれるネイルサロンもあります。

例えば、爪の先端が割れてしまったり、薄くぺらぺらになってしまった時などはご自身で対処することは、ネイリストの知識がなければなかなか難しいのではないでしょうか。普段からネイルをご自宅で楽しんでいらっしゃる場合でもネイルのしすぎで爪が荒れてしまったりヒビが入ってしまったという方が多くいらっしゃいます。

美しいネイルに1本だけ短い爪というのは、ショックですよね。そんな時には、ネイルサロンでヒビや割れてしまった爪の補修をしてもらいましょう。

ネイルサロンではネイリストの方がファイバーラップを利用して爪の補強や補修をおこなってくれます。割れてしまったりヒビが入ってしまった爪が元通りになり、爪自体も強くなるので安心です。ネイリストを目指す方の中には、ファイバーラップを使用するネイルについてご自分で練習を重ねていらっしゃる方も多く、知識や技術を磨いている方もたくさんいます。

セルフでできるアフターケア、ネイリストが教える意外と簡単にできるプロの技。

指先を彩る美しいカラーやデザインのネイルケア、ネイルサロンでプロのネイリストに仕上げてもらうと、とても自分の手とは思えないほどの変身を遂げるので、一度体験するとたちまち虜になってしまう女性も少なくはありません。

ここ数年では、従来のポリッシュに比べてジェルネイルが爆発的な人気となっており、キラキラと美しい輝きを放つ指先の女性が増えてきたようです。そのジェルの中でも依然として人気が高いカルジェルは、専門サロンも多く、ネイリストの中でも一番好きなジェルのブランドだという人も多いようです。

ツヤツヤと水あめのような美しい光沢が数週間は長持ちするので、飽きのこないデザインに仕上げる女性が多いようです。このカルジェルは、数あるジェルの種類の中でも唯一自宅でのアフターケアが必要なジェルで、トップコートを数日おきに塗布することが推奨されています。

トップコートを塗ることによって、美しい輝きが失われず、施術当初のような美しい状態が長持ちさせられるので、ネイリストたちもアフターケアは勧めています。カルジェル以降に日本へやってきたアクセンツやバイオなどのブランドは、このようなアフターケアがいらないのでお手入れは楽なようです。

ネイリストとして成長したいなら、大会に出場してみませんか?

指先をオシャレに見せるため、ネイリストと呼ばれる方々は日夜技術向上に励んでおられることでしょう。店舗内にライバルが存在する方も、そうでない方にとってもネイリストの大会に出場することは自身の成長に繋がります。

多くの制約が設けられている会場内で感じるプレッシャーと闘いながらの作業は、実力を付けるために最適だからです。大会と言っても、ネイルサロンに勤務されている方だけが参加できるのではありません。ネイリストとしての基本を学ぶ学生も、大会に参加することが可能です。

学生部門とそうでない方を対象とした競技では、参加費用が異なります。当然、学生向けの方が参加費用が少なめですので、腕試しに参加されるネイリストの卵も多いです。地方都市にお住まいの方も参加できるよう、全国各地の主要都市にある専門学校で大会が開催されています。

都心だけではなく、全国各地で腕を振るう方々のスキルアップを願ってのことです。大会のために遠方からの大移動をする手間が省けるため、この制度は毎年好評を博しています。ネイリストたちは、日々一生懸命に自己研鑚を重ねています。

各地で開催される競技会に参加することで刺激を受け、より一層高みを目指すことができるかもしれません。

ネイリストに必要なセンスって?色々なスキルアップ方法を知っておきましょう

ネイリストには、接客を行いながら顧客の希望どおりのデザインを施す仕事ですので、コミュニケーション力と美的センスの両方が必要とされます。凝ったネイルアートを望まれるお客様の要望に応えるためには、デッサン力や色彩感覚などの美的センスを磨く必要があります。

そのため、ネイリストのなかには、絵画のレッスンを受けたり、色彩検定などのネイル以外の勉強をしてスキルアップする人もいます。また、ネイリストのなかには、美大やデザインスクール出身者もいます。独立したときには、内装などのインテリアのセンスも顧客獲得にはとても重要なポイントになります。

ネイリストを目指している人は、ネイルの知識や技術を磨くだけでなく、いろんな分野に興味をもち、自分のセンスを磨く習慣をつけることも一流のネイリストになるためには大切です。ネイルサロンによっては、ネイル施術以外のまつ毛エクステやフェイスエステ、ヘアカットなど他の美容メニューを行うところもありますので、ネイル以外の美容技術も身に着けておいた方が就職の幅も広がりやすくなります。

デザイン力を磨いて、独創的なネイルアートを考えることができれば、ネイルアートの大会で受賞することもでき、ネイリストとしてのスキルアップになります。

刺激があなたのスキルUPに!コンテストに出てみませんか?

学校や企業が企画するネイリストの大規模から小規模なコンテストが開催される中、日本ではNPO法人が主催する競技会が存在します。本邦における健全なネイル産業の発展を目的として、約30年の歴史をもつ同協会は、ネイリスト関係で実践に役立つ検定試験の実施中です。

ネイルでの資格検定では実績が古い特徴があり、さらにネイル普及と技能取得のための技能研修も計画する魅力的な協会組織です。

日本でトップ級のコンテストである全日本の選手権は、次世代ネイリストの育成と地域ネイル業界の活性化を目指して、関東・関西の日本の中心主地域はもちろんのこと、北海道から沖縄まで全国レベルで行われる地区大会があります。例年5月から9月にかけてネイリスト向けに開催され、地区のネイル専門学校もレポートするなど支援する好都合なコンテストです。

各地区の優勝者は、東京開催の大会に地区代表選手として出場する機会が得られ、腕を磨くのに好都合です。地区のネイリストコンテストでは、先端をホワイトで作る技術のフレンチスカルプチュアやネイルケアなどのプロフェッショナルに加えて、ジュニア部門など4種目と多彩です。

それぞれ要綱が定められ、内容や時間配分考察に好都合な競技時間など、事前に判明するので有効です。過去の世界チャンピョンやグランドチャンピョンは除外規定ですが、ネイリスト参加者はフリーが原則で、緊張感を経験しながらスキル発展につながる条件が良好なコンテストです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする