ネイリストで就職したい!働きながら資格とるなら夜間?通信は安い?


ネイリストは、美容師や理容師のように職業を行うにために必要な資格は必要ありません。

そのため、無資格でもネイルサロンで働くことは可能ですが、やはりサロンによってはネイル関連の資格の保持の有無が採用基準になっているところもあったり、未経験者の場合は自分のアピールポイントとにもなりますので、ネイル関連の資格を取得する人は多いです。

ネイリスト検定についてあなたはどんなイメージをもっていますか?何事も挑戦です☆

ネイル関連の資格には、大きくわけて日本ネイリスト検定試験センターが主催する「ネイリスト技能検定試験」とインターナショナルネイルアソシエーションが主催する「ネイリストスペシャリスト技能検定試験」の2つが有名です。そのなかでもネイルサロンで採用基準の目安にもなるのが、ネイリスト技能検定試験です。

この試験は、1級から3級までの3段階にわかれており、それぞれ筆記試験と実技試験があります。履歴書の資格蘭に記入できるレベルは、2級以上とされており、多くのネイルサロンでも2級以上を採用基準としています。合格率は、3級は9割以上の人が合格できますが、2級以上は半数しか合格できないため、難易度は高いです。

特に2時間半ほどの長時間の試験になる実技試験はかなり気力や体力を消耗するため、難易度が高いです。

ネイリストになるために通学・・・自分にあったやり方を見つけましょう!

ネイリストになりたいと思っている場合には、資格は取得しておかなくてはならないと思います。資格を取得する場合にはネイリストになるための資格を取得させてくれる学校に通学をしなくてはならないのです。

ネイリストになるための学校に通学をする場合には、当然ですが、費用がかかってきてしまうのです。通学をする学校でも値段は変わってきてしまうのですが、少し多めの費用を用意しておかなくてはなりません。学ぶ為には勉強に使う教材も購入しなくてはならないですし、授業料や入学金も納めなくてはならない為、このような事が言えるのです。

資格を取得する為にはお金がかなりかかってきてしまう事も忘れてはならないのです。また自分で時間をしっかりと調節しながら学校に通学をしなくてはなりません。学校に通う場合には、授業の時間が決まっている場合もあります。1つの授業に出ないだけで知識の部分でも、技術の部分でも他の方との差がついてしまうと言う事になってくるのです。

自分で学校に通う為の時間を確保して、ネイリストになるための資格を取得しなくてはならないのです。通学する期間はそれほど長くありませんが、資格取得を目指している間は大切な時間になるのです。

ネイリストとして就職!費用を考えるなら通信講座を利用してみては?

ネイリストとしての転職する前には、通信講座で専門の勉強を行っておきましょう。通信講座では、ネイルに関しての知識だけではなく技術も身に着けることができます。ネイリストとして活躍するためには、デザインを施す技術だけではなく、手先のお手入れの技術も必要となってきますが、通信で学ぶことにより、必要な技術を身に着けることができるのです。

ネイリストとして就職を考えたとき、通信で勉強しておくとよいのですが、講座を選択する時には、内容の充実度についても確認しておきましょう。講座によっても、趣味の範囲の技術しか学べないものもあれば、就職に必須となる技術まで身に付けられるものもあるのです。

勉強してから早く仕事を行いたい方は、充実した内容の講座の方が、後々役立ってくるでしょう。また、費用面が気になるときには、費用があまりかかることがない講座を選択することで、だれでも勉強しやすくなるのです。

ネイリストとしての知識を得たい方でも、費用が必要以上にかかってしまうと勉強できなくなりますので、かかる費用面について確認しておくとよいでしょう。 ネイリストとしての就職を考えた時には、講座の内容や費用について知っておくとよいです。

忙しいあなた!通信講座を利用して自分のペースで勉強をしてみては?

女性たちの大好きな指先のおしゃれであるネイル、メイクやヘアスタイルと違ってネイルはいつでも自分の目で見ることができるものなので、美しいカラーやデザインにしていると、気分もいつもよりは上がり、指先を意識することも増えるので動作も美しく見えるようになるようです。

さてこの女子力アップ効果も期待できるネイルケアですが、サロンでネイリストに施術を行ってもらうのが一般的ですが、サロンへ通っているうちに施術の工程などを眺めていると、好きが高じて自分でもできるようになりたいと勉強を始める方も珍しくはないようです。

ネイリストは多くはスクールに通いいろいろと勉強し資格取得へ向けて試験を受けるという流れが一般的なようですが、中には通信講座で独学で学ばれる方もおり、やる気さえあればこういった方法でも十分可能だといえます。

昼間は他の仕事についている人、専業主婦で小さな子供がいる人、スクールの学費が高くて捻出できない人などは通信講座のほうが向いており、自分のペースで勉強を進めていくことが出来ます。

ネイリストは基本的な勉強さえすれば、後はどれだけいろいろな人の爪をお手入れしたか、といった経験によって技術力も身についていくものなので、高い学費を払い有名なスクールを卒業しなくても何ら問題ありません。

衛生管理しっかりしていますか?ネイル道具の使いまわしによる健康被害が多発しています!

つけ爪やその施術に使う化学物質などによる健康被害が生じています。これを受けて、2010年にネイルサロンにおける衛生管理に関する指針が定められました。この指針により、ネイリストやネイルサロンの営業者はその設備や器具などの衛生管理に努めています。

その設備や器具などの消毒も徹底して行っています。そして、ネイリストなどの健康管理も行って、衛生を保っています。消毒については、ネイリストなどの手や足を消毒液で消毒したり、器具を消毒器で消毒したりしています。もちろん使った後の器具も消毒液で消毒して、衛生を保っています。

ネイルサロンの店内に関しては、ちゃんと定期的に換気を行い、空気環境を保っています。施術席の衛生を常に心がけてもいます。ペーパータオルなどを使い回すようなことはせず、一人一人に新しいペーパータオルが提供されています。ネイルサロンの中には、衛生管理士の資格を取得したネイリストがいる所もおります。

衛生管理士の資格を取得こそしていないものの、特別な教育を受けた衛生責任者がいるというネイルサロンも多いです。その衛生責任者は、衛生管理のマニュアルに書いてあることなどを実行する責任を負っている人です。

昼間は仕事、通信だと心配・・・そんなあなたでも大丈夫!夜間も通えるスクールがあります!

昼間に仕事や学校に通っていて、ネイリストスクールに夜間通いたい、という方もいるのではないでしょうか。そういった方のために、多くのネイリストスクールでは、夜間も対応している所が多くなっています。

夜間に開講している頻度は、各スクールにより異なります。週6日、朝から21時まで開講しているスクールもあれば、夜間に開講している日は週2日、といったスクールもあります。

夜は、21時や21時半まで開講している所が多いですが、中には22時まで開講している所もあります。早くネイリストになりたい、資格を取得したいという場合には、夜に開講している頻度の多い所を選んだ方が、より早く目標を達成できるでしょう。

また、取得できる資格もそれぞれ異なってきますので、その辺りも考慮しながら選ぶと良いでしょう。多くの所ではJNEネイリスト技能検定試験3~1級と、ジェルネイル検定初級を目指せる内容になっています。また、費用は約10万円~約100万円と、かなりの開きがあります。

費用が安い所は、目指せる資格が少なかったり、難易度が低い試験を目指す場合が多いので、自分がどのような資格を取ったり、何を身につけたいのかをよく考えて選ぶと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする