ネイリストになるには専門学校?面接と実技で不安な時の対処法とは


ネイリストになるための所として、先ず思い浮かべる所がネイリストの専門学校でしょう。色々なスタイルの専門学校がありますから、自分のライフスタイルなど、また予算に会った所を選ぶことが大切です。

ネイリストについて詳しく学びたい!高度なスキルを身に着けたいなら専門学校へ!

そのコースについても、基礎コースをはじめ、中級コース、プロ養成コース、検定対策コースなど色々あります。自分の目的に合ったコースを選びましょう。

また、卒業すればネイリスト検定3級の免除となる専門学校もあります。なお夜間講座を設けている専門学校もあります。そして、ネイルサロンに併設された専門学校であれば、卒業後に系列のネイルサロンに就職しやすいでしょう。ネイリストの業界の就職相談などにも乗ってもらうこともできます。

その学校の雰囲気、また講師が自分に合うか調べることも大切です。見学や体験入学などをしてみましょう。それから、学校のサイトをチェックしてみてください。資料請求してみることもおすすめです。無料で請求できる所も多いです。認定の学校については、講師やカリキュラム、学則などにおける条件を満たした所です。

高度なスキルを身に付けることができる所になります。ただ、他の学校が認定の学校よりも劣るというわけでありません。

ネイリストなら知っておきたい爪の病気の一つ”グリーンネイル”

年齢問わず、女性たちを虜にする指先のおしゃれであるネイルケア、指先のほんの小さな範囲ながら、こういったところまで気を抜かずきちんとお手入れがなされている女性は、異性から見てもとても魅力的なもので、また同性から見ても憧れの対象となるものです。

数年前に海外からジェルネイルが上陸したことによって、従来のポリッシュよりも格段に美しさが長持ちするということで、女性たちの間で爆発的に人気が広がっていきました。このジェルネイルの登場によって、ネイルケアが特別なものでなくなり、普段からメイクのように楽しめるものという位置づけになってきたようです。

さてこのブームとともにネイルサロンも次々と増え、ネイリストも必要とされるようになってきました。美容系のお仕事は女性にはとても人気が高いですが、このネイリストも手に職を付けられるということからも評価が高く、ネイルスクールも一気に増えているようです。

ネイリストは爪の構造から施術まで様々な勉強をしなければなりませんが、前述したジェルの普及によって、グリーンネイルという爪の病気も増えてきているので、こういった特殊なトラブルについてもしっかりと学ばなければなりません。グリーンネイルは爪とジェルの隙間に水がたまり、梅雨時期などはカビが発生し、次々ととなり合う爪に感染していく病気です。

お客様への説明はもちろん、サロンで他のお客様に感染させてはいけないので、そのための予防法も学ぶ必要があります。

一流ネイリストになりたいあなた!差をつけたいなら話術を磨きましょう!

年々若い女性を中心に人気が高まりつつあるネイル業界。どんどんネイルサロンやネイリストが増えて競争が激しくなっていく一方で、可愛いらしく質の高いネイルができるだけでは、なかなか生き残るのが難しくなっています。

もちろん質の高いネイル技術は、お客様を満足させるうえでは必要なスキルですが、無愛想な態度で接客をすればお客様は、自ずと離れていきます。そのためネイリストに必要なのは、技術だけではなくお客様が楽しく、またこのネイルサロンに来たくなるような接客や巧みな話術が必要になっていきます。

ネイリストもそうですが美容師やエステティシャンなど、美容関係の仕事は人気が高くなり、レベルの高い技術と話術が無いとお客様が取れなくなってきています。お客様と長い間向き合わなければならず、大変な仕事になりますが、努力をすればするほど成果として返ってくるのでとってもありがいのある仕事になります。

そして、人気がある仕事のため良いお手本となる方が多くいますので、良いお手本を見てネイリストとして成長できる機会が多いのです。一流で人気のあるネイリストになれるよう、お客様を虜にするようなネイル技術を磨き、また来たくなるような接客を心掛けてください。

ネイリストの資格を取りたい・・・でも合格率は?そんな疑問持ったことありませんか?

ネイリストは、基本的に無資格でも実力と経験があればできる職種です。しかし、ネイルサロンによってはネイル検定の2級を取得していることを採用条件にしている場合もありますので、ネイリストの多くはネイリスト検定試験を受験して資格取得を目指すことが多いです。

ネイリスト検定ではレベルが高い順に1級、2級、3級に分かれています。試験は実技試験と筆記試験に分かれており、筆記試験自体は過去問題を事前に学習しておけば合格しやすいといわれています。検定は筆記試験よりも実技試験で落ちる人が多いです。ネイリスト検定の合格率は、3級が90%で2級が45%、国際レベルとして通用する1級が30%になっています。

3級は合格率が高く、基本的な知識と技術があれば、誰でも合格しやすい試験です。3級の受験では、費用が安く抑えられる独学や通信講座で勉強して受験に挑む人も多いです。2級以上になると半数は落ちるため、専門学校などでしっかりプロの講師から技術を教えてもらって望むほうがよいです。

履歴書に記載できるのは、2級以上とされています。筆記試験は一度受験すると、次回から筆記試験の項目は除外されます。ネイリスト検定では、手のモデルに施すネイルケアやアート技術だけでなく、用具や道具類のセッティングをチェックするテーブルセッティングの項目もあります。

ネイリストの面接や実技試験はどうやってしているの?不安になった時の対処法!

ネイリストとしてお仕事をしたい場合には、面接や実技試験を受けることになります。面接の他に実技試験を行うサロンがほとんどです。面接を受ける前に、自分がどのようなサロンで働きたいのか、またはサロンの雰囲気に自分が合っているのかをよく考えてみるとよいでしょう。

ネイリストは接客業としての部分も大きいため、面接で最も重要視されるのは言葉遣いです。接客のアルバイトなどをしていれば、言葉遣いなどが身に付いているので良い経験になると思います。そうでない場合には、やはり日頃から丁寧な言葉遣いをするよう心掛けておくとよいでしょう。

また、言うまでもなく、マナーや礼儀作法が身に付いていることも大切です。そういったことに関しては、ネイリストのみならず、どのような場合にも必要になってきますので、日頃の心掛けが大事です。

実技試験に関しては、スクールで学んだ基本的なことが身に付いているか問われます。どうしても、自分が得意だと思う技法はよく行っていたりするものですが、苦手だと思う技法こそ、重点的に練習しておくとよいでしょう。道具は、サロンで用意してあるものを使うこともありますし、自分の道具を用意していく場合があります。悩んだ場合には、サロンに確認しておいた方がよいでしょう。

ネイリスト検定のテーブルセッティング、そんなに関係ないでしょ・・・なんて思っていませんか?細かいところが合格への道なんです!

人気のあるネイリストには、資格免状や大学など教育機関の卒業証書であるディプロマは必須ではない特徴があります。著名または大手のネイルサロンでネイリストとして活躍する場合には、スキル習得の勉強を完遂したエビデンスであり、特に有名校の卒業証明書や各種検定試験の合格が有効です。

ネイリストの資格は、民間の認定団体によって認定証が発行される仕組みですが、NPO法人の試験は1から3級まであり、いずれも重要なテーブルセッティングが内容に含まれます。ネイリストのベーシックマスター用としての3級のテーブルセッティングは、ネイルケアやアートに関する基本的な技能と知識が要求されます。

一方でネイリスト関係の2級テーブルセッティングでは、サロンで仕事をする際に通用するケアやアートはもちろんのこと、爪の亀裂の修復であるリペア及び爪の補強などを目的とするチップアンドラップに関するスキルが重要であり、さらに1級においては、トップレベルの技能が求められます。

有名な教育機関始め多くのスクールが、ネイリストの検定試験のテーブルセッティング規定にそった内容でのレッスンを実施しています。中には、付け爪などでのスカルプチャーに使用されるアクリルパウダーやリキッド、そして爪の表面に残っている水分などを除去するプレプライマーなど難しい1級のテーブルセッティングにおける品名ラベルを添付する用具と用材についても勉強範囲であり、知識習得に役立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする