ネイリスト検定3級受験前に知っておきたい!筆記難易度や合格率、裏ワザとは


ネイリストには、美容師免許のような職業上の取得しないといけない資格はありません。ネイルサロンで働いている人のなかには、無資格の人もいます。国家資格はありませんが、ネイリスト協会の団体が主催となっている民間の資格はいくつかあります。

コンテンツ

受ける前に読めば何か変わるかもしれない!読んで解決!ネイリスト技能検定

ネイリスト技能検定では1級から3級にわかれており、内容は実技試験と筆記試験になっています。合格率は3級は90%で難易度はあまり高くはなく、独学や通信講座でも十分に取得できます。しかし、技能検定2級以上になると半数以上は実技試験で落ちることが多く、難易度は高くなります。

そもそもネイリストの資格は働く上で必要なの?

ネイリストとしてネイルサロンに就職するのにネイリスト技能検定は必須ではありませんが、2級以上取得していると採用の際に有利になります。一流ネイルサロンによっては、トップレベルのネイリストの技術力を証明する技能検定1級の資格保持者のみを採用するところもあります。

技能検定の1級は、合格率が30%で難易度はかなり高いです。そのため、1級を受験する人は、プロとして経験を積んだ人がスキルアップをはかるために受けることが多いです。また、プロの講師から直接指導を受けられる美容専門学校で習った人が受験することが多いです。

を知ることは可能です。

ネイリストになりたいあなた!働きながらでも資格習得可能です

ネイリストは、美容師のような国家資格がなくても行える職種です。そのため、多くのエステサロンでは資格の有無よりもネイリストとしての経験を重視して採用するのが一般的です。

しかし、サロンではネイル検定2級以上の資格を採用条件にするケースもありますので、資格自体は取得しておいたほうが有利です。

ネイリスト検定取得方法

ネイリストの資格を取得するには、独学で学ぶ方法と通信講座や専門学校で取得する方法に分かれます。ネイルの資格は働きながら取得ができるため、ネイルサロンで経験を積みながらネイル検定を取得する人が多いです。

また、OLなどの別の職業をしながらネイリストへの転職を希望している人には、夜間や休日だけ開講しているネイルスクールに通う方法がおすすめです。

働きながら資格をとる方法と学校に通ってとる方法

ネイリストの年収は勤務するサロンの給料体系やその人の実力にもよりますが、基本的には300万前後が平均年収になります。そのため、本業を持っている人は働きながら取得して、貯金をしておいたほうがよいです。

特に独立開業を目指している人は、開業資金を貯めるために働きながら取得するケースが多いです。学生であれば、美容師免許も取得できる美容専門学校に進学してネイルの技術を取得したほうがよいです。ネイルサロンでは美容師免許がないとできないまつ毛エクステなどのネイル以外の施術を行っているところもあるからです。

独学や通信講座でもネイリスト検定3級にチャレンジ・合格は可能?

ネイルをやっている方にとってチャレンジしやすいネイリスト検定3級ですが、独学や通信講座でネイルを勉強している方にとって、それで合格が可能なのかは気になるところでしょう。

結論からいえば、ネイリスト検定3級には独学や通信講座で学んで合格している方も数多くいますので不可能ではありません。ただし、そのためには合格するために必要な事をしっかり把握しておくことが絶対条件です。

例えば、必要な持ち物や持ち込んではいけない物の確認、減点や失格対象となる行為の把握、モデルへの事前準備、実技試験の時間配分などです。このようにしっかりと検定内容を踏まえた上で事前に準備を整えておけば、独学や通信講座でも合格は可能なはずです。

ネイリストへの第1歩!ネイリスト検定3級の資格を取りましょう!

ネイリストの技術力を証明する資格には、「ネイリスト技能検定試験」と「ネイルスペシャリスト技能検定試験」の2つが代表的なものになります。

美容師のような国家資格は現在日本ではありませんので、職業を行うのに必ず取得しなければいけない資格はないため、無資格でもサロンで働いたり、独立開業することは法律上可能です。

ネイル業界で重視されている「ネイリスト技能検定試験」

ネイル関連の資格のうち、ネイル業界で重視されているのが「ネイリスト技能検定試験」の方で、この技能検定試験をネイリスト採用の基準にしている店舗も多いです。ネイルサロンで働くには、ネイリスト技能検定試験二級以上を求められます。二級を受験するには、三級にまず合格していないと受けられません。

ネイリスト検定3級の難易度とは

三級は、一級や二級に比べると合格率は高く、難易度もあまり高くありません。そのため、独学や通信講座などで勉強して三級を受験する人も多いです。また、趣味としてネイルをしている人が挑戦することも多いです。

三級では、ネイルケアやネイルアートの基礎的な知識と技術力を問う内容になっています。試験は、筆記試験と実技試験に分かれています。平均的な合格率は90%です。2級や1級は、一つ下の級の合格が受験資格になっていますが、三級に関しては義務教育が終了していれば誰でも受験可能です。

ネイリスト検定3級試験の流れ

ネイルリスト検定3級試験の流れ:試験前の事前準備

ネイリスト検定3級は70点以上で合格となり実技試験は10項目あり5点満点法で採点されます。試験前の事前準備では試験当日と同じテーブルセッティングをしてみて容器にラベルがきちんと貼られているかを確認します。

テーブルセッティングは規定をしっかり確認しましょう、モデルさんも自分も身だしなみをきちんとしてるかも大切ですが余計なアクセサリーは禁止です。ネイリストとしての身だしなみを心がけましょう。事前審査が始まる前にはモデルさんと一緒に着席している必要があります。事前審査が始まるとモデルさんの手に触れてはいけません。

ネイルリスト検定3級試験の流れ:試験中~試験後

ネイルリスト検定3級試験の実技審査での注意点としては、普段通りの力をしっかりと出せるようになるべく雰囲気にのまれてしまうことがないようにすることが大切です。70分間ずっと実技を行うので、時間配分をしっかりと考えておくことも実技審査では必要です。

筆記試験における注意点も、実技審査と同様に、雰囲気にのまれないようにすることと、筆記は30分となっており短いですが、時間配分を考えながら進めることが必要となります。回答を記入した筆記試験の問題用紙を持ち帰れば、試験後に自己採点をすることができます。

ネイリスト検定3級の主な不合格理由とは?

ネイリスト検定3級に落ちてしまう主な理由は3つ挙げられます。まずもっとも多いのが試験で減点や失格となる行為を把握していないということです。これは試験要項にも記載されているのですが、確認不足から知らずに減点や失格対象となる行為をしてしまい、合格レベルに達しないということがあるのです。

また道具の知識不足というのも理由として挙げられます。よほどのことがなければ合格レベル以下になることはないのですが、独学の場合、道具の知識不足からくる変なテーブルセッティングや手順をしていることがありますので、注意が必要です。

最後は技術不足です。単純にネイリスト検定3級を受けるほどの技術を持っていないという場合もありますが、実際には技術不足で不合格になるよりも上記2点の方が不合格になる主な理由になりますので、試験を受ける前にしっかり確認を怠らないようにしましょう。

ネイリスト検定3級-不合格になるアートの特徴

ネイリスト検定3級はしっかりとした技術を身につけていれば合格は難しくありませんが、不合格になる場合はアートに問題がある事が多くあります。不合格になりやすいアートの特徴を知り、そうならない様に心掛けるだけでも、合格に大きく近づいて行きます。

不合格になる場合、色彩のバランスやデザインのバランス、細密度に問題があったりします。色彩のバランスが悪いとテーマにふさわしくないものになったり、デザインのバランスが悪いと不格好に見えてしまいます。細密度はアートでは需要な要素なので、それらをしっかりふまえ、テーマに沿ったアートを作っていく事が重要です。

合格点をもらえるアートの動画は以下になります。

ネイリスト検定3級-赤ポリッシュを綺麗に塗る方法とは

赤ポリッシュを綺麗に塗るためにはまず、塗る前にハケをボトルネックでしっかりとしごいてハケの片面だけにポリッシュが残るような状態にします。支える方の手はキューティクルを上げるように塗る指を持ち、固定すると塗りやすくなります。

ここまでの塗る準備ができれば、爪の真ん中部分のキューティクルの際より少し手前にハケを置いてプッシュバックします。プッシュバック後はまっすぐに下へとハケを滑らせて塗っていきます。同じように左右の両サイドもハケの先端を爪のギリギリラインに合わせ、下へと滑らせると綺麗に塗ることができます。

ネイリスト検定3級合否の基礎知識

ネイルリスト検定3級試験-合格ラインと採点基準

ネイルをする女性は多いのではないでしょうか。ネイリスト資格試験は義務教育を終えた人であれば誰でも受験が可能です。合格基準に仕上がりはもちろんの事、道具の事前手入れや道具の扱い、また衛生面に考慮ができているかなどを見られます。

対策としてテーブルにセッティングするさいは、きちんと確認をすること。道具の事前手入れはもちろん、テーブルにきちんと衛生面が考慮された道具がないと、道具の扱いで減点をされてしまいます。仕上がりも大事なので、集中して試験を受けるようにしましょう。

ネイルリスト検定3級試験-合否結果が出るのはいつ頃?

プロのネイリストを目指す第一歩ともいえる検定3級試験を受験した後、やはり気になるのがどのくらいで合否結果が出るのかということでしょう。

基本的に検定試験の合否結果は試験日からおよそ1ヶ月後に、検定試験センターのサイト内に用意されたページから受験番号と生年月日などの必要事項を入力することで確認ができるようになっています。もしもネット環境が整っていなくとも、サイトから確認できるようになって数日以内に郵送でも合否結果が送られてきますので、それで結果

ネイリスト検定の実技に比べて筆記の難易度は?

ネイリストの検定試験は、大きくわけると手のモデルを使用して出された課題のネイルアートを仕上げる実技試験と爪についての知識を問う筆記試験の2つにわかれます。筆記試験は実技と違い、事前に勉強をしていればそれほど難易度は高くはないです。

筆記試験に出題される内容としては、ネイリストとして知っておくべき爪の名称や病気、消毒の仕方などの基礎知識がメインです。3級では60問、2級では80問、1級では100問出題され、80点以上点数をとることができれば合格ラインに入ります。勉強方法としては、過去問題を繰り返し行なうのが一番よい方法です。

合否はアプリでも確認可能って本当?

過去の検定で出題された過去問題集を購入して、勉強すればほぼ合格できます。最近は、スマートフォンで過去のネイリスト検定の問題を解くことができるアプリも配信されていますので、それを通勤途中などの空き時間に行う人もいます。

ネイリスト検定では実技試験で不合格になっても筆記試験は合格していれば、次回の受験のときは筆記試験は免除され、実技試験に専念することが可能です。プロのネイリストになる場合は、ネイリスト検定2級を取得していれば、サロンに就職しやすいといわれています。サロンによっては、1級取得者だけを採用するところもあります。

ネイリスト検定試験の筆記試験免除って?どんな人が免除を受けられるの?

ネイリスト検定には、1級、2級、3級の段階があります。どの級の検定試験にも実技試験と筆記試験の2種類に合格する必要がありますが、前回受けた試験で不合格だった人の中には、実技試験は落ちても筆記試験のみ合格だった人もいます。

試験の申込用紙にある筆記試験免除記入欄に筆記試験を合格したときの受験番号を記入すると、次回の試験の筆記試験が免除されるのが筆記試験免除を受ける条件です。記入漏れがあった場合免除は受けられません。

ネイリスト検定試験は時間配分も合格への鍵に

ネイルは今の時代、女性であれば誰もが気軽に楽しめるおしゃれとして定着してきました。自宅でご自分でもネイルをしている方の他に、定期的にネイリストさんの所へ通ってネイルアートをしてもらっている方も少なくありません。

プロのネイリストは、爪を美しく見せる技術だけでなく、弱くなってしまった爪のケアや保護など手全体をケアしてくれるので、自分では健康的な爪を維持するためにどうしたらよいかわからなくても、プロのネイリストさんに頼めば安心して美しい手を保つことができるのです。

練習の時から時間配分を気にしてみよう

ネイリストの資格を習得したいと勉強をしている方も多く、来年にはネイリスト検定試験を受ける予定という方もいらっしゃるのではないでしょうか。最も歴史があるネイリスト技能検定試験は、3級、2級、1級とレベルが分かれており、3級の試験に合格後に2級、1級とステップアップした資格を受験できるようになります。

試験の際に注意しなければならないのは、時間配分です。練習の際に時間配分を頭に入れておく練習をしないとアートの時間が足りなくなってしまったりという事態になってしまうので試験前には時間配分に気をつけるようにしましょう。資格を習得後はネイルサロンや美容院、結婚式場という場で資格を生かして働くことが可能です。

ネイリスト検定3級合格に重要なのはポリッシュの塗り方だった?

ネイリストになるには、資格は必要ありません。しかし、就職する際には資格を有していた方が有利と言えます。資格を持っている事は、それだけネイルの知識と技術をクリアしていると言えるからです。比較的一番取得しやすいのは、JNEネイリスト技能検定3級です。

この資格は、義務教育課程を修了していれば、受験資格があるのです。しかし、独学で合格するには厳しいものがあります。ネイルスクールに通うか通信教育で学ぶ必要があるでしょう。ネイリストの資格試験に合格するには、色々な知識と技術が必要となります。

JNEネイリスト技能検定3級で問われる技術

特にJNEネイリスト技能検定3級はポリッシュの塗り方が重要となります。勿論、技術の他にネイルや爪についての知識が問われる筆記試験もあります。技術面については、真っ赤なポリッシュをいかに美しくキレイに塗るかなどが問われるのです。

爪の形や甘皮の処理、そしてベースコートを塗り、赤ポリッシュを2度塗りし、トップコートを塗るのです。真っ赤なポリッシュは、はみ出したり、よれてたりすると直ぐに分かってしまいます。逆に言えば、赤のをキレイに塗れれば、ネイルの技術がある事になるのです。資格試験は、3級の他にも2級や1級、そしてジェルネイルの資格試験もあります。将来、プロのネイリストとして働きたい方は、是非資格取得を目指しましょう。

ネイリスト検定3級の試験会場はこんなところがあります

ネイリスト検定3級への合格は、プロとして活躍するために避けては通れません。まずはしっかりと会場を把握して、間違いなく到着することが合格への第一歩です。試験会場は、東京ビックサイトのようなオフィシャル会場か、各地登録試験会場を選ぶことになります。

東京ビックサイトのような大会場は都市部に限られますから、地方では各地登録試験会場が主流です。これは都道府県内にある美容専門学校が受け持つのが通例で、事前に通告があります。ただし、定員数や条件によってはオフィシャル会場に回されることもありますので、注意が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする