ネイリストは独立や開業向き!費用は?年収が増えるって本当?


会社や事業所などに雇用されて働くのは、安定している反面、仕事のやりがいがあまり感じられないことがあります。

毎日決められた時間に出社して与えられた仕事をこなせば、一定のお給料がもらえるので確実に収入を得たい人にはぴったりの仕事と言えます。

しかし、毎日決められたことをこなすだけの毎日では、本当に自分のしたいことができるとは限りません。その点、独立開業すれば、自分のやりたい仕事に集中できるので、仕事のやりがいも一層増すでしょう。

コンテンツ

ネイリストはオーナーに最適?その理由はネイルをする際の資金にあった?

もちろん、独立開業にはリスクがつきものです。

一所懸命働いても、必ず収入が得られるという保証はどこにもありません。せっかく独立したのに、会社員時代の方が給料が良かった、という人も少なくありません。

リスクを最小限に抑えられる仕事

そこで、リスクを抑えるためにおすすめの仕事が、ネイリストです。オーナーになる際に最も問題となるのは、独立開業のためにかなりのお金がかかるということです。

その後の経営で利益を出して独立に要した資金を回収できなければ、オーナーの仕事を続けるのは厳しいからです。

初期費用はほぼいらない

しかし、ネイリストの仕事は、始めるにあたってそれほどお金はかかりません。

自宅の一室でも開業できるので、独立して仕事を始めるには、ネイリストはぴったりの仕事です。

ネイリストとして成功したいなら”プチ独立”から?今までの経験を活かしてみよう!

年齢に関係なく、女性たちを虜にしてしまう魅力のあるネイルケア、指先のほんの小さな部分ながら、そこに美しいカラーやデザインが描かれていると、見ているだけでも幸せな気分に浸れるものです。

ネイルサロンへ行くと、ネイリストたちがまるで魔法をかけるかのように、平凡な指を巧みに整え始め、様々な工程を経て出来上がると、指先が驚くほど素敵に変身しています。

独立を夢見る人がほとんど

このような技術職ともいえるネイリストは、ネイルサロンに在籍して働いている方もいますが、将来は独立し自分のサロンを持つことを夢見ている人がほとんどで、その準備もかねてプチ独立をする方もたくさんいるようです。

プチ独立というのはいろいろな形がありますが、中でもすぐにスタートできる方法としては、サロンで働きながら、休みの日や出勤前後の空き時間に、自宅や顧客の家で施術を行ってみる方法です。

独立後の事も考える

これはある意味独立後の集客も兼ねており、サロンを開業してからお客様を探すよりも合理的です。

ネイリストはどれだけいろいろな方のネイルを行ってきたかといった経験量によって、どんどんと技術力もアップしていくものなので、将来自分の店を持ちたいと考えているのならば、とにかく実践を重ねることが大切です。

フリーでネイリスト。そんなに難しい事ではありません

年齢問わず女性たちを虜にする指先のおしゃれであるネイルケア、プロのネイリストにお願いすると、見栄えのしなかっら普通の自分の指が、まるで手のモデルのように美しく変身することができるので、サロンへ通い定期的にお手入れを受けている女性も多いようです。

フリーランスで働いている人も多い

このネイリストはネイルサロンに就職し、そこで施術を行う方も多いですが、実際にはフリーランスで働いているネイリストもたくさんおり、ひとたびこの資格を取得すれば、自分の都合の良い働き方ができるので、副業としてもとても人気が高いようです。

自宅の一室を使ってサロンを開業されている方もいれば、フリーでお客様の自宅を回って仕事をしている人、また美容室などと契約し予約が入れば出勤する人など、いろいろな形でできる仕事なので、これからの時代、手に職を付けたいからと学び始める方も多いようです。

フリーの方が格安で行える分集客もやりやすい

フリーで、個人宅などを回っている人は、ネイルサロンで施術を受けるよりも、断然格安で行ってくれることも多いです。

近所のお友達やママ友を集めて複数希望者を集い、一か所場所を提供してもらい、合理的に売り上げを伸ばしている賢いネイリストもおり、自分の腕に自信があるのであればサロンに収まっているよりもこういった働き方もお勧めです。

売上を拡大?!誰でもできるネイリストとして業績を上げる方法

ネイリストとして評判になり、売上業績を大いに上げるノウハウとしては、ごく単純化して言えば、次の2つに尽きます。

まずは、平均単価を上げること、そして次は、リピーターの数を増やすことです。

この鉄則は、ネイルの世界だけに限ったものではありません。

ネイリストは特に重要

しかし、とりわけ、ネイリストの場合は、重要になってくるのです。

言い方を変えれば、ネイリストとしてネイルサロンを運営しているのであれば、この2つを実践していれば、すべてうまくいくのです。

必勝パターンがある

ネイルサロンの場合、業績を上げるための必勝パターンというのがあります。その必勝パターンどおりに日常業務を展開していけば、願っていたとおりの結果が出てくるのです。

反対に、自分の思いだけで運営を続けていると、たちまち業績が低迷していくのです。実は、ネイリストには、自分の手法にこだわる人が多いです。ネイルの技術に長けていることと、サロン経営が的確であることとは全く違っています。

ですから、ネイルテクニックやセンスは優れていても、お客さんが来なくても困っているネイリストは少なくありません。

技術があれば人が集まるというわけではない

誤解している人が多いですが、ネイル技術が良いからといって、必ずしも集客できるわけではありません。

ネイルサロンの経営者としてすべきことは、顧客層を絞り込でんでいって、そのゾーンに合った価格とデザインを決めることです。

これを徹底すれば、売上拡大につながります。

ネイリストとして収入を増やす。実はあなたにもできることだったんです!

今、ネイリストは年々増加しています。といっても、結婚式場、美容室、ネイル専門サロンなどネイリストたちが収入を得て活躍する場は様々です。

その中でも最近注目が集まっているのが、自宅でネイルサロンを経営することです。自宅がサロンになることで、メリットがたくさんあり、収入を増やすことができることに魅力があります。

開業のハードルは実は低い

まず、ネイリストとして開業するとなるとハードルは高そうですが、自宅がサロンになるのですから、お店の賃貸料等も必要ありません。

ハンドケアやネイルケア、ネイルの道具、そしてあなたのやる気とお客様を思う気持ちがあれば開業できてしまうのです。

そして、会社の下で働くわけではありませんから、収入もその分増えていきます。そこで、さらに新たなネイルの技術や道具を手に入れることができるでしょう。

自宅と言うアットホームな環境の中、あなたの技術を生かしてみませんか?お客様のニーズを把握し、それにこたえていけばきっとリピーターが増えていきます。

競争率は増えていく

活躍するネイリストが増えて競争率は高くなりますが、自宅と言う自分のペースで仕事ができる環境で、あなたがネイリストとして大活躍することを願っています。

あなたも、ネイリストとして収入の増やし方を検討してみてはいかがでしょうか。

どうせならネイリストとして開業!独学でネイルを学ぶメリットも沢山?

ネイリストには仕事をするうえで必ず取得しなければいけない美容師免許のような制約はなく、無資格でも開業することは可能です。

しかし、多くの開業しているネイリストは資格の取得やサロンでの勤務経験を経てから開業することが一般的です。

顧客の人脈作りが重要

開業するためには、まず顧客の人脈が大事ですので、指名制度があるネイルサロンで自分の固定客をある程度掴んでから、独立するほうが顧客開拓は楽です。

新規のお客を開拓するには、広告などを行わないといけないため、独立したばかりで利益が出ていない状態ではかなり難しいからです。

技術力は必須

また、ある程度の技術力をもっていないと経営を維持していけないため、技術力を磨くためにもサロンでお客を相手にした現場経験は必要となってきます。

ネイリストの資格は独学でも取得できますが、ネイルスクールで学ぶほうがネイル以外の美容技術を学べるメリットがあります。

スクールの方が費用はかかるが技術が身につく

独学に比べると費用はスクールの方がかかりますが、就職や独立を念頭にいれている場合は、専門学校でしっかり資格と技術を習得したほうがよいです。

ネイル検定の2級や1級は実技の難易度が高いため、スクールでプロの講師からネイル技術を学ぶほうが合格しやすいです。

趣味程度に行う場合は、独学の方が費用も抑えられ、自分のペースで勉強ができるのためおすすめです。

やっぱりついてくる、税金問題・・・開業するならちゃんとしておきたい税金の事

ネイリストの資格習得を目指している方は、ご自身がこれからどのような場所で働いていくかという事も頭に浮かんでくると思います。

ネイル担当として様々な場所で働く

ネイリストが活躍できる場所は、ネイルサロンで働くことがまず第一に挙げられますが、結婚式場でのネイル担当として働いたり、美容室でネイルをおこなっている所であれば、美容室でネイル担当として働くことも可能です。

開業するのも手

他に、ご自身でネイルサロンを開業するということもひとつの手段です。

主婦の方でご自宅で家族が出かけている時間帯だけネイルサロンを開きたいと考えている場合などは、ご自分の都合のよい時間帯に予約を入れやすくなったり、家を留守にすることもなく仕事ができたりとメリットがあるため自宅サロンの経営を考えていらっしゃる方も少なくありません。

税金面はしっかり勉強しておかなければならない

ご自宅でネイリストとしてネイルサロンを開業する場合、考えていかなければいけないのが税金についてです。

趣味としてネイルサロンを開くということではなく、収入目的でネイルサロンを開業する場合には一定額以上の収入あれば開業手続きをして税金についてもきちんと手続きをおこなわなければいけません。

税金の事についてはあまり詳しくないから、誰かに相談したいという場合無料で初回の相談ができる税理士事務所もあるので専門科に相談してみましょう。

規模でかわる!ネイルで独立開業費用!

女性たちを虜にするネイルケア、指先がキラキラと綺麗に彩られていると、それだけでもとてもうれしいもので、誰に褒めてもらわなくても自己満足の非常に高いおシャレだといえます。

季節に合わせてデザインやカラーを変えて楽しんでいる女性も多く、街中には大小合わせると、数えきれないほどのネイルサロンが誕生しています。

さてこういったネイルサロンで働くネイリストさんたちですが、経験を積みいずれは独立開業しようと考えているネイリストも多く、様々な働き方をしている人もいらっしゃるようです。

開業費用はほとんどかからない場合も

開業に当たって必要となる費用も、そのサロンの規模にもより、例えば自宅の一室をサロンにする場合であれば、かなり少ない資金で始められます。

ネイリストの中にはサロンを持たず、お客様の自宅に訪問して施術を行う形で独立されている方もおり、エステティックと違って高価な美容機器をそろえなければならないこともないので、比較的短期間で、コストをかけずスタートさせることも十分に可能です。

代用品で費用を抑える

費用を抑えたければ、ネイル専用のデスクや椅子などではなく、代用できるものでも施術には何ら支障なく行えるので、限られた予算内での開業であれば、宣伝広告費などに回すほうが得策なのではないでしょうか。

開業し年収が増えたネイリストも多いようです。

女性は何かと美容には関心が高いもので、自分の容姿を少しでも魅力的に見せるために、様々なお手入れを行います。

中でも指先を彩るネイルケアは、女子力アップにもとても効果が高く、ちょっとした動作でもとても女性らしく映るので、定期的にサロンへ通い、お気に入りのネイリストに施術を行ってもらっている人も多いようです。

仕事は実は結構ハード

さてこのネイリストという仕事は、一見華やかでおシャレなイメージがあるようで、女性たちの憧れの職業としても捉えられることが多いようですが、意外と仕事内容はハードで、労働時間も長く、そしてお給料も安いという声がとても多いもので、不満に感じている方も少なくありません。

ネイルの仕事はなにもサロンへ就職して勤めるだけではなく、技術職でもあるので自分の腕に自信さえあれば独立開業も夢ではありません。

フリーになって年収が上がる人も多い

ネイリストはエステのように高価な美容機器をいくつもそろえなければならないということがないので、美容系の仕事の中でも最も開業しやすいといわれており、実際にフリーになって年収が上がったという方もたくさんいらっしゃいます。

自分で大きなサロンを持つということも良いかもしれませんが、最も挑戦しやすくてリスクが低いのは、自宅などの一室を使ってまずは小さいサロンを開業することで、ここで顧客をたくさんつかむことが出来れば年収も飛躍的にアップするはずです。

まとめ

ネイリストとして店舗で働くのはもちろん安定などもあり魅力はありますが、やはり最終的には独立を視野に入れて働くのが良いでしょう。

自分のお店を持つという目標を持って働く事で意欲も上がります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする