あなたも人気ネイリストに!検定試験って難しい?ジェルは必須?


ネイリストを目指している方であれば、ネイリスト検定試験のためにプリジェルを使用して練習を重ねているという方も少なくありません。プリジェルはプロのネイリストの間でもご自身のネイルサロンで使用している方も多く、プリジェルエデュケーターがいらっしゃるネイルサロンではプリジェルの商品知識や使用技術などを学ぶことができるネイルスクールを開かれているサロンもあります。

ネイリストに評判のプリジェル、素人でも使いやすい?

商品の特徴としてはまず第一に国産の化粧品であることが挙げられます。研究に5年もの歳月をかけて開発されており、これまでにない発色、透明感、持ちの良さを実感できたという方が多くいらっしゃいます。ネイリストのための講座を開催したりとプロが知識や技術を発展させていくことにも力を入れているメーカーの商品です。

ご自宅でジェルネイルを楽しんでいるけれど、持ちがいいという評判のプリジェルを試してみたいという方は、通販でも購入する事が可能ですが、商品知識や正しい使い方を教えてくれるネイルサロンを一度訪れてみてはいかがでしょうか。ご自身でジェルネイルをする際にもサロンで教えてもらった知識を生かすことができるようになり、もっとジェルネイルを楽しむことができるようになります。

ネイリストになりたいあなた!今の流行りは”ジェル”です!資格を取っておかなきゃ損ですよ!

ネイリストは近年若い女性に人気の職業となっています。ネイリストとして仕事をするには国家資格等が必要な訳ではありませんので、どなたでもネイリストとして仕事をする事は可能ですが、爪のスペシャリストとして総合的な知識やネイルアートの技術力を持っていなければ仕事として行う事は難しいです。

しかし、自分の技術を客観的に証明する方法があります。それがジェル検定です。ネイルには色々な種類がありますが最近ではジェルネイルが主流となっていますので、ジェル検定を受けておく事で自分の技術力がどれぐらいなのかを自分自身も知る事が出来ますし、お客様にも安心して施術を受けてもらう事が出来ます。

ジェル検定は初級から上級までありますが、ネイリストとして仕事をするのであれば一番高い級を目指しましょう。検定は筆記試験と実技試験がありますので、知識と技術の両方から判断される事になります。試験はいきなり上級を受験する事は出来ません。初級から順番に受験しなければいけませんのでしっかりとした基礎知識と技術を習得する事が出来ます。

ジェル検定を取得するには勉強と練習が必要ですので時間が掛かってしまいますが、自分自身のスキルアップにも繋がりますし、ネイリストとして仕事をするのであれば取得しておくメリットはとても大きいです。

ネイル界のカリスマのアイテムを使って本格セルフネイルにチャレンジ☆

女性たちが虜となってしまう指先のおしゃれであるネイルケア、ネイリストたちは巧みな技を使って、何の変哲もない普通の指を、まるでモデルの手のように美しく仕上げてくれます。

手は自分でも常に見つめることが出来るし、他人にもよく目に留まる部分でもあるので、こういった部分が綺麗にお手入れされていると、女性としてはとてもテンションが上がりうれしいものなのです。

さて街中には、大小合わせると数えきれないほどのネイルサロンがひしめき合っており、ネイリストの数も年々増えているようです。中には芸能人などの顧客を抱えているカリスマネイリストもおり、彼女たちが経営するサロンは、連日レベルの高い仕上がりを求めた女性たちが押し寄せ、予約もなかなか取れないという声も届いています。

またカリスマネイリストは、ネイルスクールやネイルの商材を開発したりといった分野にも手広く活躍しており、かなりの有名人となっている方も少なくはありません。

我々一般人は、なかなかこういった施術者にお願いすることはかないませんが、彼女たちが開発したネイルアイテムを使えば、セルフネイルとは言えかなり本格的でレベルの高い仕上がりが出せるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

パーソナルカラーの知識があると便利!ネイリストのお仕事!

ネイリストには、爪や手についての知識とネイルアートの技術力以外にも必要な知識があります。まず、ネイルではさまざまな色味のマニキュアを使用しますが、その色の組み合わせなどによって爪の雰囲気はかなりかわります。そのため、色に関する知識やセンスも問われます。

顧客の雰囲気や着ているファッションに合ったネイルデザインを提案するのもネイリストの仕事のひとつです。

色に関する知識としては、パーソナルカラーがあります。これは、その人の肌や瞳の色から似合う色味を診断する方法です。パーソナルカラーには大きくわけて「春」「夏」「秋」「冬」の4つのグループになります。

同じ色でも人によって顔色を明るく見せたり、逆に地味に見えることがあります。ネイリストにもこのパーソナルカラーの知識をもっていると顧客に似合うネイルの色を提案しやすくなります。

具体的には、原色の色が似あいやすい「冬」のパーソナルカラーのお客には、赤や青などの原色カラーベースのネイルを提案し、パステルカラーが似合うやすい「夏」のお客にはピンクやラベンダーなどの淡い色味で構成されたネイルデザインを提案するという形がとれます。服の販売員やメイクアーティストもこのパーソナルカラーの知識を仕事に活かしている人も多いです。

ネイリスト検定試験ってどれくらい難しいの?そんなあなたの疑問解決します!

ネイリストになりたいと考えていらっしゃる方は、若い方から主婦世代方まで近年増加している傾向にあります。

これまでプロのネイリストにお願いしてジェルネイルを楽しんでいた方も、手軽にジェルネイルを自宅ですることができるキットが商品化されてからは、ご自身の趣味の時間としてジェルネイルを楽しんでいる方も少なくありません。

さらに、趣味だったネイルについてもっと勉強したい、仕事にしていきたいとネイリストを目指す方もいらっしゃいます。ネイリストとして活躍していくためには、独学で勉強をする方法の他に、専門学校などのスクールに通って知識や技術を学んで、ネイリストとしての資格を習得する方法があります。

ネイリストを目指す方のための通信教育やなどもあり、日中お仕事をされている方でも自分の空いた時間に勉強をすることも可能です。

試験の難易度は、3級、2級、1級という順番に上がっていきます。3級の資格を習得後に2級、1級とスキルアップのための資格を習得することが可能になります。難易度が順番に上がっていきますが、1級を習得後はご自身のネイルサロンを開業するなどの道が開けるようになり、資格を生かして仕事を始める事が可能です。

難しいからちょっと・・・そんな事考えないでください!ネイリスト検定1級を目指すなら”こつこつ地道に”がキーワード!

ネイリストは無資格でも仕事ができる職種ですが、多くのエステサロンでは採用の条件にネイリスト検定などの資格の有無をあげているところもあります。

ネイリストの資格としてネイリスト検定が有名ですが、その中でも1級取得者はトップレベルの技術力をもっているとみなされます。

検定1級を受験できるのは、まず検定2級を合格しないと受けることができません。試験の内容は、学科と実技にわかれています。難易度は学科よりも実技の方が高く、不合格者の多くは実技で落ちることが多いです。検定1級の実技内容は、アクリルスカルプチュアの施術についての技術課題が出されます。

時間としては、2時間半程度かかるため気力と体力面でもかなり負担がかかる内容になっています。エステサロンでの採用基準の多くは、検定2級が一般的ですので、検定1級を取得するとほかのネイリストよりも差をつけることができます。しかし、実務経験がない取得者の場合は、2級取得者と同じ待遇になることが多いです。

そのため、この検定1級を受験するのは、エステサロンで実際に働いているネイリストがスキルアップのために受けることが多いです。未経験者の場合は、1級を取得するよりも現場での経験を積むことを優先したほうがよいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする