上手い下手はここで決まる!売れっ子ネイリストに必要な適性って?


美しいネイルを楽しむにはセルフネイルという方法もありますが、ネイルサロンを利用すればさらに優れたネイルアートを楽しむことができます。

そしてネイルを専門に行う施術者をネイリストと呼びますが、こうしたプロを目指している人もまた多くなっています。そしてネイリストは勉強すれば誰にでも行えるものではなく、やはり向き不向きがあります。

どんな人がネイリストとして向いてる?プロとして活躍するには”マナー”がキーワード!

まずネイリストの場合は細かな作業が必要ですので、手先があまり器用でないという人には難しい仕事です。それから技術の高さはもちろん大切ですが、それだけではなく美的センスの良さも必要となります。

ネイルを美しく仕上げていくためには色のバランスの良さも大事ですので、色彩のセンスが良いことも大切です。そして技術は日々進化していますので、資格を取得したあともずっと勉強を続けていく必要があります。それゆえにネイリストには常に探究心があること、勉強の気持ちを忘れない人が向いていると言えます。

そのほかの向き不向きとしては、ネイリストの場合はお客様を目の前に施術を行いますのでこのときの接客態度が良くないとお客様に不快感を与えてしまう場合もあります。
プロとして活躍するためには接客力や正しいマナーを身につけることも大切です。

ネイリストの適性がある人はどんな人?

若い女性を中心に人気を集めているネイリスト。そんなネイリストなるには、どんな人が向いていてどんな適性が必要か紹介していきます。ネイル技術の進歩や流行の移り変わりが激しい世界です。

もしその波に乗り遅れてしまうと、すぐさまお客さんが離れていきます、そのため流行の最新情報を得るため常にアンテナを張って勉強をして、技術を磨いていくような意欲的で勤勉な人でないと務まりません。

細かい技術を必要とするネイルは、手先が器用な人がやはり向いているといえます。しかし、手先が不器用な人でも練習していけば技術は、ついてくるものです。ネイルの施術中は集中して行わなければなりませんので、高い集中力を持続できる人が向いているようです。

ネイルは、つめを綺麗にする専門職で技術職ですが同時に接客業でもあります。そのためお客さんとのコミュニケーションを取り、いかに楽しい時間を共に過ごせるかがネイリストとして鍵になります。人と接することが苦手な人やコミュニケーションが下手な人は、ネイリストに向いていないといえます。

ネイリストになるために様々な適性が必要ですが、なによりもお客さんを満足させる心遣い、そして持続していく体力や根性がなど精神的な強さも必要になってきます。

ネイリストとしてだらしないは”NG”!自分も綺麗がプロ意識!

我々女性が大好きな指先を彩るネイルケア、ネイルサロンへ行けばネイリストさんが、爪のお手入れから美しいデザインまで完璧に整えてくれるので、自分の手が魔法にかかったみたいにきれいになると、
虜となってしまっている方も少なくはないようです。

ネイリストは、その施術力もさることながら、あくまでも接客業でもあり、エステティックと違ってお客様は施術中、寝ているということはほとんどないので、お話をしながらその日のデザインなどを決めていき、希望に沿ったかつ普段の生活の中で邪魔にならないデザインを作り上げるなど、施術を進めていきながら同時進行でいろいろなことに気を配らなければならない仕事なので、効率よく仕事ができる器用な人でないと難しい部分もあります。

また美を提供する仕事である以上、エステティシャンと同様、お客様から憧れの存在でいなければならないので、爪は必須としてもヘアスタイルやメイクなども、身だしなみを整えておくことが大切です。

ネイリストだからと、爪さえ綺麗にしていればそれでいいというようなものではなく、施術に邪魔のないヘアスタイルにまとめ、指先もささくれなどのないお客様の肌を傷つけない状態にケアしておくなど、身だしなみにしっかりと気を使いましょう。

美大出身の人がネイリストに向いている?凝ったデザインをしたいなら・・・

ネイルアートのなかには、爪をキャンバスのようにして絵画並の繊細なデザインや凝ったものを施すこともあります。

ネイリストのなかには、美大出身の人もいて、それを売りにして商売をしている場合もあります。顧客によってネイルデザインの好みはさまざまですが、絵画のような凝ったデザインを希望する人は、ネイリストの技術力を重視して店を選ぶ傾向があり、美大出身のネイリストは人気があります。

ネイルアートには色彩感覚やデザインのセンスなどの美大で習得するデッサン力や色彩感覚なども大きく影響してきます。そのため、美術の基礎知識がついている美大出身のネイリストはほかのネイリストよりも差をつけることができます。

美大出身でネイル技術のトップクラスを証明できる検定1級を取得していれば、かなり強力な武器になります。独立するときにも店のアピールポイントとして活用できます。ネイルスクールでは、イラストレーターや画家を講師に招いて、受講者に絵の描き方やデッサン力を身につけさせる授業を行っているところもあります。

デッサン以外には、パーソナルカラー診断の知識が習得できる講座もあります。パーソナルカラーは、その人の肌に色と相性がよい色合を診断する方法で、顧客にネイルアートの提案をするときに役立ちます。

左利きのネイリストはどうするの?検定の不安解決で試験に臨む!

ネイリストの資格を勉強する人のなかには利き手が左手のある場合の人もいますが不安になる必要はありません。なぜならば昨今のネイリストの教材にはあらかじめ左利き用の教材テキストが用意されているからです。

左手用の実習用具で基礎からしっかり学ぶことができます。

またネイリストを目指すネイルスクールでも同様に入学の際の願書の記入項目に利き手が右手であるか左手であるかを記入する欄を設けている学校もあることが判明していますので、左利きの方も実践で不便を感じることなくネイリストの勉強に集中することができます。

ネイリスト検定の試験の実技では左利きの方はトレイの位置が右利きの人と逆に置かなければなりませんが心配は無用です。試験会場の試験官は認定された講師が勤めていますのでトレイを反対側に用意しても左利きであると理解しそれら道具の位置により間違った行いをしているいとは判断されないのです。

左利き用のセッティングで試験に臨むことが可能となります。利き手に左右されないネイリストの資格は広い範囲でだれでもチャレンジする機会があり専門の養成学校や通信講座で勉強し資格をとることができるお仕事となり独立で開業できる夢もあります。

技術力はあるのになかなか顧客がつかない・・・そんなあなた!○○○がとても大事な事知ってますか?

年齢問わず女性たちが大好きな指先のおしゃれであるネイルケア、こういった部分にまできちんとお手入れが行き届いている女性は、女子力も高く本当の意味で美意識の高い人というイメージを与えることができるようです。

このようなネイルケアは、ネイルサロンといわれるところでネイリストさんに仕上げてもらうのですが、どこで受けても皆同じで、必ず満足のいく仕上がりが出せるというものではありません。

ここ数年でジェルネイルブームの到来により、ネイルサロンもどんどんと増え、ネイリストと呼ばれる方たちも飛躍的に増加しているようですが、サロンへ通うお客さん側としてみれば、どれだけ自分の好みに沿ったデザインを、美しく、そして長持ちさせられるかが満足度に直結するものなので、自分と相性の良いネイリストさんを見つけることはとても重要な問題だといえます。

ネイリストは専門的な技術を提供する職人ではありますが、と同時に接客業でもあるので、お客さんとの会話の中からどういった職業についているのか、好みは、そして指先を使う生活か否かなどを見極め、最適な形およびデザインに仕上げることのできる力が求められています。

技術力だけが優れていればいいというような仕事ではなく、接客からも様々なヒントが嗅ぎ分けられるものなので、お客さんとのコミュニケーションは大切なことなのです。

ネイリスト=おしゃれ。そんなイメージ誰でも持ちませんか?

女性は何かと美容には関心が高いもので、自分でも様々なお手入れを行いますが、中にはプロに施術をお願いするケアもあります。年齢問わず女性たちを虜にする指先のおしゃれであるネイルケアも、やはりプロのネイリストに仕上げてもらうと、仕上がりの完成度が全く違うので、定期的にお手入れに通う方も少なくはないようです。

さてこういった美容系のお仕事は、おしゃれなイメージを抱かれやすいもので、中でもネイリストはその代表的なものだといわれています。エステティシャンと違って、それほど体力的にもきつく見えず、座ったままで優雅に施術を行っているようにも見え、またエステティシャンのように、ノルマがきつく強引な勧誘をしなければならないといったイメージもないので、ネイリストに憧れを抱く女性は年々増えているようです。

しかしながら、この職業も、実際に一歩中へ入るとなかなか厳しい世界で、覚えなければならないことはたくさんあり、また常に最先端の流行を把握しておかなければならないので、日々勉強を欠かせません。固定客がつく人気の施術者になるためには、デザイン力も必要とされるので、レパートリーを増やし新しい技を常に習得しておかなければならないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする